ケイト・ブランシェット主演、アカデミー賞候補作『TAR/ター』5月12日公開決定

拡大画像を見る

第95回アカデミー賞にて作品賞・監督賞・主演女優賞など6部門にノミネートされた『TAR/ター』の日本公開日が5月12日(金)に決定した。

トッド・フィールド監督が「唯一無二のアーティスト、ケイト・ブランシェットに向けて書いた」と語る本作は、絶対的な権力を振りかざす天才指揮者リディア・ターの物語。

音楽界の頂点に上りつめたターだったが、襲いかかる重圧と仕掛けられた陰謀によって、少しずつ心の闇が暴かれていく――。崇高なる芸術と、人間の欲望と狂気が、誰も聴いたことのない禁断の交響曲を奏でる驚愕のサイコスリラー。

今回のアカデミー賞ノミネートで、フィールド監督は手掛けた長編映画全てが同賞にノミネート。そしてケイトは今回で8回目のアカデミー賞ノミネート。ヴェネチア国際映画祭女優賞、全米・NY・LAの批評家協会賞と名立たる賞を受賞しており、『ブルージャスミン』『アビエイター』に続く3度目のアカデミー賞受賞に期待がかかる。

『TAR/ター』は5月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:

TAR/ター 2023年5月12日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開

© 2022 FOCUS FEATURES LLC.

関連リンク

  • 1/25 14:00
  • cinemacafe.net

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます