乃木坂46山下美月「夕暮れに、手をつなぐ」登場に「こんな出演方法があったとは」「着飾る恋以来だ」と驚きの声

【モデルプレス=2023/01/25】女優の広瀬すずが主演、King & Princeの永瀬廉が出演するTBS系火曜ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(毎週火曜よる10時~)の第2話が、24日に放送された。乃木坂46の山下美月が登場し、話題を集めている。<※ネタバレあり>

◆広瀬すず&永瀬廉「夕暮れに、手をつなぐ」

本作は、九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬)が、幼馴染みの婚約者を追って上京した先で、音楽家を目指す青年・海野音(永瀬)と運命的で衝撃的な出逢いを果たすことから始まる青春ラブストーリー。恋愛ドラマの名手・北川悦吏子氏が「オレンジデイズ」以来19年ぶりに、完全オリジナル脚本で“青春ラブストーリー”を手がける。

◆山下美月「夕暮れに、手をつなぐ」登場で視聴者驚き

上京した空豆は、まだ垢抜けない無造作なヘアとラフなスタイルが特徴的。しかし今回は、婚約者から振られたことで落ち込む空豆を見かねた丹沢千春(伊原六花)が“婚活”として港区女子になることを提案。その参考として登場したのが、山下が実際に表紙を飾った2023年1月号の雑誌「東京カレンダー」だ。

同雑誌は都会の大人向けライフスタイルを扱っており、同号のテーマは「『港区』の今」として港区女子とリンク。音からは「無理だと思う」と一蹴されるも、その後のシーンでは、髪をストレートに伸ばしブルーのワンピースを着た可愛らしい空豆の姿が映り出され、視聴者からも「見違えた」「可愛すぎる」と反響が寄せられていた。

また、放送後には山下も自身のInstagramのストーリーズを更新し、「ひょっこり港区女子してました 観てた人~」とお茶目に呼びかけていた。

本人が直接的に登場したわけではないが、山下が同枠ドラマに出演するのは、「着飾る恋には理由があって」(2021年)以来2度目となり、視聴者からは「美月ちゃんばっちり映ってた」「こんな出演方法があったとは」「着飾る恋以来だ!テンション上がった!」「まさかの登場」「すずちゃんが雑誌持ってて美の共演でしかなかった…」など興奮の声が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 1/25 12:45
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます