VIPって何の略だか言える?意外に知らない!【略語クイズ】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/325265/ )

大切なお客様などを指す「VIP」という言葉。「VIP席」が用意されていることも珍しくありません。

 

「VIP」は何の略でしょう。

 

① Very Important People

② Very Ideal Person

③ Very Important Person

 

読み方にも注意が必要です。

答えは「③ Very Important Person」です。

 

VIPは「Very Important Person」の略で、そのとおり「非常に重要な人物」「要人」などのことを指します。なお、俗に「ビップ」と会話の中では口にすることがよくありますが、正式には「ブイ・アイ・ピー」といいます。英語では「ビップ」には軽蔑的な意味合いがあり、本来の用途とは異なりますので、注意が必要でしょう。

 

VIPにもさまざまなケースがあり、国家の重要人物を指すこともありますし、取引先の企業の重役など、大切なお客様をさすことがあります。場所や機会ごとの「非常に重要な人物」であれば、VIPだといえます。

 

なお、まれに要人中の要人という意味で VVIP(very very important person)が用いられることもあるようです。いったいどのくらいの要人なのか、もし要人中の要人という意味で VVIP(very very important person)という言葉が用いられることがあります。いったいどのような人なのでしょうか。もしVVIPという言葉を聞く機会があれば注目したいものです。

 

ところで、VIPといえば、1988年にロッテから「V.I.Pチョコレート」という製品が発売されました。当時としては追うかな200円の板チョコで、高水分原料の生クリームとチョコレートを融合することにロッテが世界で初めて成功した製品です。工藤静香さんのCMも話題になりました。そのおいしさから人気を博したものの、高級チョコレートが数多く輸入されるようになったことで「V.I.Pチョコレート」はいつの間にか姿を消してしまいましたが、実はつい最近まで製造されていたようです。

 

いまではよく耳にする「VIP」という言葉ですが、このチョコレートで「VIP」の3文字を初めて知った世代というのは、案外多そうです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/325265/ )

答えは>>>こちら( https://otonasalone.jp/?p=325264&preview=true )

取材・文/近藤とも

この記事はリバイバルです

関連リンク

  • 1/24 23:00
  • OTONA SALONE

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます