滝沢秀明×赤西仁「水と油の2人」が酒席で再会した「辞めジャニの逆襲」の伏線

拡大画像を見る

 元KAT-TUNの赤西仁が、元ジャニーズ事務所の滝沢秀明氏とお酒を飲んだと明かした。自身のツイッターで興奮気味に綴った内容はというと、

「やっとタッキーに会った。オレがジャニーズにいた頃の、まるであの時にトリップした感じの不思議な時間。まぁ色々話しました。酒も進み、色々話しすぎて内容殆ど覚えてません。もう一回やってもらっていいっすか?」

 だが、そもそもこの2人には、ジャニーズ時代にはそこまで仲が良いというイメージがない。「全くタイプの違う2人だった」と言うアイドルライターは、次のように分析するのだ。

「そもそもジャニーズ事務所では、一緒にいるタイプではありませんでした。どちらかというと、赤西さんはお酒を飲み歩いたりする遊び人、滝沢さんは飲み歩くなんていうのとはほど遠い、真面目なタイプですから。最近、辞めたジャニーズ同士が交流していることを、公のプラットフォームを使って誇示していますが、あれって事務所に対する牽制なのではないでしょうか。『オレらが徒党を組んだらどうなると思ってんの』みたいな。お酒を飲んだことをあえて、しかも内容を忘れしまったと、公に言うわけですから。こっそり会って飲めばいいことで、これは何かが起こる『伏線』なのではないかと想像してしまいますね」

 辞めジャニの逆襲はあるのか──。

関連リンク

  • 1/24 16:10
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます