もう時間に流されない! 『時間を「うまく使う人」と「追われる人」の習慣』発売

拡大画像を見る

明日香出版社は12月9日、ビジネス書の新刊『時間を「うまく使う人」と「追われる人」の習慣』(著・滝井いづみ)を発売しました。

■時間に追われがちな人が「してはいけないこと」も掲載

『時間を「うまく使う人」と「追われる人」の習慣』の著者は、タイムマネジメント コーチングを行うOffice FONTANA代表の滝井いづみさん。大手百貨店、電力会社、保険会社、IT関連会社、大手通信建設業、デザイン会社などで、1on1コーチング研修、タイムマネジメント研修、コミュニケーション研修、中堅リーダー研修、新人研修などを実施しています。

「いつも仕事に追われている」「本当にやりたいことに使うための時間が確保できない」といった悩みを抱えていませんか? 同書では、そんな悩みを持つ人を対象に、時間の使い方のコツを見開き2ページ、50項目で解説しています。

同書は、「思考編」「スケジュール管理編」「ムダとり・時短編」「効率アップ編」「環境・仕組みづくり編」「メンタル編」「人生編」で構成。

時間に追われる人が陥りがちな「してはいけないこと」などにも言及しているため、自身の現状と比較しながら、実践に落とし込みやすい構成となっているのが特徴です。「タイムマネジメントコーチ」としての視点に基づいた内容で、読み進めやすくなっています。

■書誌概要

書名:時間を「うまく使う人」と「追われる人」の習慣

著者:滝井 いづみ

本体価格:1,600円

(フォルサ)

関連リンク

  • 12/9 11:10
  • マイナビウーマン

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    12/9 17:21

    こんな本に買いに行く時間と金額を投資するほうが無駄だだと思う、千六百円出すなら何か美味しいものを食べに行くのがベスト何十回も見るわけもなし半年後にはホコリかぶってブックオフで二十円でも買ってもらえないと思う。時間に追われてると考える人は可哀想仕事に追われるのは、要領が悪いだけ能天気の人のほうが幸せな人だと思う。こんなグリーのセコイセールに金なんかめぐむ無駄やめとくのがベスト。

記事の無断転載を禁じます