千秋が「ポケットビスケッツ」復活企画で大誤算!登録者数「100万人」に遠く及ばない悲惨

拡大画像を見る

 先ごろ放送された「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022」でブラックビスケッツ(ブラビ)が出演したことで、「ポケビ」の復活を望む声が高まっている。

 バラエティー番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)の企画で誕生したブラビは、南々見狂也(ウッチャンナンチャン南原清隆)、天山ひろゆき(キャイ~ン天野)、ビビアン(ビビアン・スー)による3人組ユニット。97年に「スタミナ」でデビューし、98年リリースの「Timing~タイミング~」は140万枚を超えるセールスを記録した。同年の紅白にも出場したが、翌年に活動休止。02年には限定的に、復活を果たしていた。

 今年はTikTokで「タイミング」がバズったことで「ベストアーティスト」出演が決定。普段は海外で活動しているビビアンも緊急来日し、約20年ぶりの復活で「タイミング」と「スタミナ」を披露した。

 そんな中で浮上したのが「ポケットビスケッツも見たい」という声だった。

 ポケビは「ウリナリ」の企画でブラビに先行して結成された音楽ユニットだ。TERU(ウッチャンナンチャン内村光良)、CHIAKI(千秋)、UDO(キャイ~ン・ウド鈴木)の3人組で、95年から00年まで活動。番組内ではブラビとの対決路線が展開され、爆発的人気を得た。18年8月には、こちらも日テレの「24時間テレビ」で、一夜限りの復活を果たした。エンタメ誌ライターの話。

「昨年9月、千秋は自身のYouTubeチャンネルの登録者数が10万人に達した段階で、100万人になったらポケビを1日だけ復活したいと語り、ポケビ100万人登録者運動を開始しています。動画内で内村とウドを訪ね、復活を打診する様子も公開した。内村は『確約できない』としながらも拒否はせず、ウドは『ぜひお願いします』と喜んでいました。ただ、登録者数まだ20万人弱。実現は遠そうです」

「100万人」という数字はかつてポケビが新曲発売を目指し、100万人署名運動を展開して実現させたことをなぞらえたもの。今の人気を少々、読み違えてしまったようだ。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 12/9 9:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

6
  • トリトン

    12/26 18:15

    まあこんな顔だったからけして美人ではなかったねその当時でも、ポケットビスケットの名称は知ってるがどんな歌かも忘れたな。この人別の会社で儲けてるのにいまさらなんでやるのかな?

  • ***

    12/26 17:59

    ぶっ細工な女、無理

  • TAMAちやん

    12/12 9:38

    当時を全く知らない、ただポケビを見たい人はそんなに集まらないと思う。ブラビ結成のメンバー選考で、歌手になりたいと普段から言っている千秋がボーカル候補にも入っていない悲しさ悔しさからポケビ結成されて色々ライバル的なポジションで一時期解散撤回署名が集まった時も同情の力が大きい。ただなんとなく2組ユニットがあって片方出てるからもう片方も見たいじゃ人数集まらないでしょうね。

記事の無断転載を禁じます