佐藤健に急過熱する「電撃婚」話!週刊誌が狙う「3人の親密女優」の名前

拡大画像を見る

 11月24日に満島ひかり(37)とのラブストーリー『First Love 初恋』(Netflix)が配信。2023年1月クールには井上真央(35)との『100万回 言えばよかった』(TBS系)がスタートと、現代の日本の恋愛ドラマに欠かせない俳優ともいえる佐藤健(33)。

 そんな佐藤の意外な野望を、12月6日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

 同誌によれば、佐藤は30代になってから本格的に日本のエンタメについて考えるようになり、韓国ドラマ『イカゲーム』にハマったことで「日本のドラマも韓国ドラマのようにアジアに押し上げたい」と話しているという。そして、以前から日本人のアジアスターを誕生させたいと話していたことや、映画よりドラマの方が「愛してもらいやすいんじゃないか」と話していたことなどを紹介。

 そのうえで、韓国の恋愛ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい人々~』も好きなことから、主演でアジアスターのコン・ユ(43)のように「恋愛ドラマで世界を席巻したいと思い描いているのでは」と、報じたのだ。

 佐藤といえば、2020年に『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で上白石萌音(24)との胸キュンぶりで日本を席巻したほか、11月17日に公開された『100万回 言えばよかった』のWEBインタビューでは、井上真央に「ラブストーリーのキング」とまで言わせている。

 ちなみに『100万回 言えばよかった』には、韓国出身の女優、シム・ウンギョン(28)も出演することが発表されている。佐藤も、大いに刺激を受けることになるだろう。

「アクションスターとしても『るろうに剣心』シリーズが海外でも人気だし、佐藤さんなら一気にアジアでもスターに……と言いたいところですが、どうもそう簡単はいかないようです。

 それというのも、佐藤さんには、現段階ではあくまでウワサですが、近々の“電撃婚説”がささやかれているんですよ」(ワイドショー関係者=以下同)

■佐藤との熱愛がウワサされる3人の女優

 近年、週刊誌やワイドショーが休みに入る年末年始の時期に結婚するタレントが増えている。2021年12月には、元SMAPで新しい地図の香取慎吾(45)と一般女性、元V6の坂本昌行(51)と元タカラジェンヌの朝海ひかる(年齢非公表)、ONE OK ROCKのToru(33)と大政絢(31)などが、相次いで結婚を発表。

 その流れに乗って、佐藤にも今年の年末に結婚を発表するのでは……そんな話が、業界内で日に日に強まってきているというのだ。

「もし本当に佐藤さんが結婚するとなると、“ラブストーリーのキング”でいることは難しいのではないでしょうか。既婚の俳優がラブストーリーをやっても、視聴者が現実を思い出してシラケてしまう部分がどうしてもありますよね。

 近い例では『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がきっかけで、現実でも星野源さん(41)と新垣結衣さん(34)は結婚をしましたが、その結果『逃げ恥』が“生々しく思えて観れなくなってしまった”という声や、“お前は家に美人な奥さんがいるからうらやましいよ”みたいなセリフを言っている役者が、現実で美人女優と結婚してる場合“お前が言うな!”とSNSで猛ツッコミが起きることがありますよね。そういう意味で、もし本当に結婚となれば、佐藤さんはある意味でピンチを迎えていると言えそうです。

 そんな佐藤さんと噂が上がる女優と言えば……上白石萌音さんとの“たけもね愛”はあまりに有名ですよね」

 佐藤と上白石は交際報道こそないが、『恋つづ』で見せたお似合いぶりや、その後もYouTubeで『恋つづ』再放送時に行なった出演者の生配信トークで「お互いいつも通り。普段からこんな感じで自然体です。彼女はどこにいても安心感があって、しっかりしていて頼りになりますし、一緒にいてすごく楽」と佐藤が評していたほか、4月26日の生配信アプリ『SUGAR』では上白石に関するファンの質問に対して「萌音」と呼び捨てで呼んでいたりと、たびたび、共演者以上の仲の良さを感じさせるコメントをしている。

「健さんが結婚するのは嫌だけど、相手が萌音ちゃんだったら全然OK!」というファンも珍しくはない。

■「元カノとの復縁説」と「大物女優との熱愛説」

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「また、2017年8月の『女性セブン』が、佐藤の自宅マンションに通う吉岡里帆さん(29)の姿を激写したこともありましたね。2018年には破局を迎えたそうですが、吉岡さんは “事務所に説得されて別れることになった”と周囲に話したり、破局後もずっと引きずっていたりと未練タラタラだったと聞こえてきています。それだけに、両者の関係が復活する可能性も、ゼロではないのかもしれません」

 くわえて、上白石に次いで噂の対象になっているのが、2013年6月公開の映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で恋人役を演じて以降、“共演者以上”の関係がたびたび報じられており、最近でも今年1月2日に放送された『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)で共演した綾瀬はるか(37)だ。

「2021年11月の『FRIDAY』(講談社)では、その『ぎぼむす』の撮影で移動中の2人の姿が激写されていました。2人のすぐ近くにはマネージャーと思われる女性もいたそうですが、駅で綾瀬さんと佐藤さんは、それぞれの迎えの車に乗り込む瞬間まで名残惜しそうに語り合っていたといいます。

 上白石さんと同じくあくまでも噂ですが、もし綾瀬さんと佐藤さんが結婚するとなったら、とんでもない騒動になる。もう、どれくらいの規模のニュースになるのは想像がつきませんよね。

 ただ、そうなると、佐藤さんに報じられている“恋愛ドラマでアジアスター”という話は難しくなりそうですね……」

 佐藤と綾瀬は、2013年5月にそろって出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)ではタメ口で言葉を交わし、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也(52)から「どう? つき合うのは」と言われると、綾瀬は「えへへへ」と喜び、佐藤も「ありますね」と否定することはなかった、ということも印象的。

「何歳で結婚するのがベストなんだろう、っていうふうな悩みがあります」

 と、2021年4月に『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で語ったこともある佐藤。

 愛か野望か、「決断のとき」は迫ってきているのかもしれない――。

関連リンク

  • 12/9 7:50
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます