苦情が出るほど…! 工務店で流行っている言葉に「うちもそう!」「分かる」

拡大画像を見る

一世を風靡(ふうび)するような言葉が現れると、何気ない会話やSNSの投稿で使われていることがあります。

工務店での日常を描き、SNSに投稿している工務店の日報(komuten_no_nippo)。

投稿者さんが働く工務店では2022年12月現在、ある言葉が大流行中なのだそうです。

その言葉が頻発するあまり、「現場にまで影響」「苦情が届く」ほどだといいます。

どんな言葉が流行っているのかというと…。

スタッフたちがやたらといっているのは、「ブラボー!」という言葉。

サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』で、日本代表の長友佑都選手が、ドイツ、スペイン戦との勝利後にいっていた言葉です。

勝利に喜び、長友選手が興奮気味に叫ぶ姿は印象的だったでしょう。

投稿者さんの工務店では、仕事のでき栄えを褒める時などに「ブラボー!」が使われているようです。

日本代表が収めた強豪との歴史的な勝利により、国内は歓喜の渦に包まれました。

スタッフたちにも、その時の熱狂が伝わったようですね!

【ネットの声】

・自分の場合、近所の小学校のグラウンドから、「ブラボー!」が聞こえてきました。

・仕事から帰ってきたパートナーに、「今日もブラボー!」といってみようと思います!

・うちの現場でも流行っていますよ!使いたくなるんでしょうね…!

投稿者さんの職場に限らず、「ブラボー!」の言葉は流行っている様子。

「ブラボー!」と褒め合うことで、お互いの士気を高めているのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]

出典 komuten_no_nippo

関連リンク

  • 12/8 18:02
  • grape

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます