寺田心「偉大すぎる先輩」のW名門大進学と仕事ぶりに重大影響!危うすぎる「鈴木福の予言」

拡大画像を見る

 12月6日のテレ朝の人気バラエティ『徹子の部屋』に人気子役の寺田心くん(14)が出演し、その成長ぶりが話題になっている。

「現在中学2年生・14歳になった心くんは、同番組に3年ぶりの登場。前回の登場時から30cmほど身長が伸びて声も変声期に入り、以前の可愛い子供から少年になった印象でした。

 中学ではバスケ部に入り、毎日部活を頑張っているようで、番組ではシュートを打つ実際の映像も。司会の黒柳徹子さん(89)は以前から何度も心君とは共演があるようで、孫を見るような目線で成長を喜んでいました」(芸能誌記者)

 そんな心君の趣味は料理ということで、番組ではこれまで作ってきた料理を披露する場面も。

「心くんは、小さい頃から料理に興味があったそうで、現在では料理教室に通うほどの料理好き男子になったそうです。そのレパートリーは、お菓子作りが中心とのことで、番組ではこれまで作ったエッグタルトやフルーツロールケーキ、マカロン・シュークリームなどを披露してました。

 趣味とは思えないほどクオリティの高い料理に、黒柳さんも驚いていましたね」(前同)

■子役と俳優に悩む姿も

 現在14歳になった心くんだが、子役ならではの悩みを赤裸々に打ち明ける場面もーー。

「番組では、3歳から子役として活動している心くんは“この先を考える時はやっぱりあったと思います”と子役として思い悩んでいた、と明かしていました。

 しかし、そんな時に心くんは“そういう子役と俳優の仕組みは…まだ僕が言えることじゃないので分からないけども、自分がまだお仕事をやらせて頂きたいって思う限りは、そういうの(子役なのか、俳優なのか)を気にせず、ひたすらお仕事を頑張ろうっていう感じで続けてきました”と赤裸々に告白。

 やっぱり人気子役だったからこそ、いつまで子役として名乗ったらいいのか、心くんも悩んでいたことが分かりますね」(前同)

 そんな心くんの現在の夢は、獣医師になることで、保護犬の保護活動にも力を入れる一面もある。

「心くんは数年前から3匹の保護犬を飼いはじめたことで、将来は獣医師免許がほしい、と話していました。獣医師になるには相当な勉強が必要ですが、鈴木福さん(18)や芦田愛菜さん(18)といった一時代を築いた子役たちが、こぞって名門大学に入学するといったニュースもあった。

 鈴木さんは、先日“2ちゃんねる”の創設者の“ひろゆき”こと西村博之(45)さんとの対談で、子役をやめてしまう子の特徴として“他にやりたいことが出てきちゃったりとか、やっぱり受験でやめちゃう子とか部活一生懸命やりたいからやめちゃう子が多いと思います”と話していた。心君も獣医師を目指して勉強を頑張っていると話していたので、今後もしかしたら子役をやめてしまう可能性もありますね……」(前同)

 芦田愛菜は、今年CM契約が驚異の数17社とCM女王に。心くんもトイレのCMや、ブックオフといった話題のCMにこれまで出演してきた業界屈指の超人気者。

 心くんも、あと数年で姿を見られなくなるのだろうか? 今後の活躍と進路にも、大きな注目が集まるーー。

 

関連リンク

  • 12/8 11:15
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます