SnowMan目黒蓮と「ラスト共演」?IMPACTorsに解体危機!「タッキーズへの流出防止」も…止まらない「キンプリ的離脱」!

拡大画像を見る

「先日、事務所内で大規模な人事異動があったと聞いています。まあ、この現状ですからね……」

 芸能プロ関係者は、声を潜めてそう話す。「事務所」とは、いま激震が続いているジャニーズ事務所のことだ。

 ジャニー喜多川先代社長の没後、相次ぐ主力タレントの退所に続き、今秋には滝沢秀明副社長(40)の電撃退所、King&Prince(キンプリ)の平野紫耀(25)、岸優太(27)、神宮寺勇太(25)の同時脱退および退所発表――。事務所を揺るがしかねない相次ぐ退所劇に、ジャニーズ事務所は「対策」を講じ始めているという。

「マネージャー体制を一新すべく動いていると聞こえてきています。相次ぐタレントたちの退所にくわえ、多くのJr.たちに慕われていた滝沢さんへの“警戒”が強いと見られています。

 ジャニーズ事務所を去った滝沢さんは現在、英気を養っていますが、11月24日発売の『女性セブン』(小学館)が、“芸能関係のビッグプロジェクト”“来年以降、あっと驚く展開が用意されている”などを行なうとも報じていますね」(前同)

 滝沢氏がJr.時代から面倒を見続けてきたSnow ManやSixTONES。まだJr.だが“滝沢のお気に入り=タキニ”と評されているユニットIMPACTorsなどが退所して合流し、“ジャニーズ”から“タッキーズ”の所属になってしまうーー。そんな最悪な展開を防ぐべく、ジャニーズ事務所は大幅な人事異動を行なったと見られている。

「現在の事務所は、デビューほやほやのTravis Japanや藤島ジュリー景子社長のお気に入り“ジュリニ”であるなにわ男子を推しているし、次にデビューするのもHiHi Jetsや美 少年、Aぇ!groupだとささやかれています。

 それだけに、まだJr.かつ“タキニ”だったIMPACTorsはジャニーズ事務所を辞めてしまうのでは……と考えられているんです」(前同)

■人気急上昇中の”センター“脱退を不安視する声も

 もともとJr.内ユニットは、デビュー組に比べると流動的な部分があるうえ、来年3月以降には『22歳定年制度』も導入される。

 現実的には、グループ全員が一斉に辞めるわけではなく、一部メンバーだけ抜ける、というのがもっともありえそうな話だという。

「IMPACTorsは7人組でそこそこ大所帯だし、12月現在、年齢は下が22歳、上が26歳。来年には全員が“定年”になります。

 そのため、IMPACTorsもキンプリのように散り散りになってしまうのではないか……ともっぱらなんです。こうなった場合、IMPACTorsで最も売れ始めていると言っても過言ではない佐藤新さん(22)も怪しくなってくるかもしれません……」(前出の芸能プロ関係者)

 佐藤は、Snow Manの目黒蓮(25)と川口春奈(27)主演ドラマ『silent』(フジテレビ系)や、3月17日公開の目黒主演映画『わたしの幸せな結婚』で立て続けに目黒と共演している。

「目黒さんは、Snow Manでも特に“ジュリニ”とされていますが、そんな目黒さんの作品に事務所が推してくれている、ということですよね。

『silent』では、劇中では接点が薄く第8話(12月1日放送)でようやく“共演”しましたが、番組SNSに投稿れたツーショット写真は《あらたとめめとか最強すぎます》《イケメン×イケメン=最強だよ》などなど大好評。演技力もわずかな出番ながら高いのが分かるし、役者としても今後に期待したくなる。

 ただ不安なのは、佐藤さんにとっての憧れの先輩ジャニーズが、平野さんということなんですよね……」(前同)

■「憧れの先輩が退所する」という超不吉バトン

 2020年に『WiNK UP』(ワニブックス)で佐藤はこう話していた。

《平野紫耀くんはどこに立っていても自然と目が行っちゃうよね。デビューする前からそうだったし、デビューしてより一層それが増したっていうか。

(中略)だから、スターになるべくしてなった人なんだと思うよ。つまり平野くんには平野くんだけがもともと持っているものがあるんだと思う。それをすごいとは思うけど、僕は平野くんにはなれないから僕は僕で自分にしかないものをなんとか絞り出して見つけたい。そしてそれを磨いていけば自分だけの形ができると思うから、そうなれるよう頑張るよ》

 また、ジャニーズ事務所の門を叩いたキッカケも「Hey!Say!JUMPが好きな程度で入所する気はなかったが、平野がソロでパフォーマンスをしていた『ザ少年俱楽部』を見て憧れに変わり履歴書を送った」という経緯をたびたび語っている。

「その平野さんは、“山P”こと山下智久さん(37)を憧れの先輩として何度も名前に出していましたが、山下さんは本格的な海外進出を果たし2020年11月に退所。その2年後に、今度は平野さんがやはり海外進出を目指し退所発表……偶然とはいえバトンを繋ぐように辞めてしまっています。

 それだけに、佐藤さんが“退所バトン”を繋いでしまうのでは……と心配の声が出ています。“グループ内でもトップの存在だった”という点も一致してますからね。噂されるようにIMPACTorsの分裂があり、そして彼も山下さんや平野さんのような道を選んでしまったら……目黒さんとの共演もドラマは『silent』、映画は『わたしの幸せな結婚』がラストになってしまうかもしれませんね……」(前同)

 大きな転換期を迎えているジャニーズ事務所。やはり今後も退所者が出てしまうのだろうか――。

関連リンク

  • 12/8 7:38
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます