『鎌倉殿の13人』に登場の「三浦春馬さん完全後継者」にウェブ沸騰「キンキーやって」「春馬くん喜んでる」

拡大画像を見る

 12月4日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に小栗旬(39)演じる主人公・北条義時の四男として北条政村が登場。そのイケメンすぎる姿が話題になっている。

「今回、初めて登場した北条政村は、北条義時と菊地凛子さん(41)演じる義時の3人目の妻・のえとの子どもです。政村を演じたのは、若手俳優の新原泰佑さん(22)でした。彼は2018年に日本一のイケメン高校生を決める『男子高生ミスターコン2018』でグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした若手です。

 新原さんが演じた“北条政村”は、2001年に和泉元彌さん(48)主演で放送された大河ドラマ『北条時宗』では、すでに重鎮となった姿を俳優の伊東四朗さん(85)が演じており、そのギャップからか、まさかの“イケメン政村”の登場に、ネットでも大きな反響があったみたいです」(芸能誌記者)

 ツイッターでは「政村イケメン」というワードが急上昇し、

《政村がイケメンすぎてびびった》《政村さんイケメンすぎて胃が痛い》

《それにしても急に出てきた政村がイケメンで、思わず「お顔がよいな」と声に出ちゃった》

という反応と共に、

《この政村が、後の伊東四朗である》

《イケメン若政村が黙ってるだけなのに、何故か伊東四朗さんが「ニン!」ってカメラ目線くれてるようにしか見えんかった》

《北条政村君の今と今後。「裏ワザ」を駆使して幕府のてっぺんに登り詰めた(らしい)》

《あと三寅は宇梶剛士(60)に政村は伊東四朗に成長する》

といった元祖・政村役の“伊東四朗”にしか見えないといった声も多かった。

■新原泰佑に「三浦春馬の完全後継者」の声続出

 さらに、新原はある俳優の後継者だという声もーー。

「実は、新原さんは2020年7月に逝去した三浦春馬さん(享年30)が主演したミュージカル『キンキーブーツ』を見て、芸能界を目指したといいます。新原さんは三浦さんと同じ事務所に所属するなど、三浦さんに強い憧れを抱いている様子ですね。

 また、4歳から習いはじめたというダンスの実力は折り紙付きで、これまで数々のダンスコンテストで優勝した実績があり、現在ではダンスの講師や振付師としても活躍しているそうです」(前同)

 過去、新原はウェブメディア『エンタステージ』でのインタビューで、

「高校生になりたての頃だったかなあ?友達が誘ってくれて、一緒に観に行ったんです。あの時間だけ、まるで自分のいる場所が日本ではないような、きらびやかな異世界に飛び込んだような感覚がして。そういうのって、お芝居でしか味わえない感覚だな、自分も挑戦してみたいと強く思ったことを覚えています」

 と、三浦さんの圧倒的な演技に魅了されたことを語っていた。

「三浦さんもダンスの実力は高く“表現者”として数々の舞台のステージを踏んで、10代の頃はダンスチームを結成する腕前だったそうです。こういった新原さんと三浦さんとの共通点の多さから、今後は後継者として新原さんを推していく可能性も高いですね。

 またネット上でも《新原くん俳優になりたい?きっかけがキンキーっていってて春馬くん喜んでる》《新原くんにキンキーやってほしい》といった声が続出していました」(前同)

 残すところあと2回となった『鎌倉殿の13人』。その結末と、新原演じる政村の運命にも、更なる注目が集まるーー。

 

関連リンク

  • 12/8 7:30
  • 日刊大衆

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    12/23 20:32

    人間として絶対にやってはいけない殺人と同様の事である自殺をした人間のクズを出すな!虫酸が走るわ

  • 読みにく💢

記事の無断転載を禁じます