「芦田愛菜と薬物」有吉弘行が連呼した「笑えないジョーク」の罪

拡大画像を見る

 いくらなんでも、いきすぎではないか──。有吉弘行に、今回ばかりは非難の声が相次いでいる。

 有吉は12月4日に放送された「SUNDAY NIGHT  DREAMER」(JFN系ラジオ)に出演。芦田愛菜が「2022タレントCM起用社数ランキング」で17社に起用されて1位に輝いたニュースを紹介したのだが、芦田を称えたまではよかったものの、

「本当に悪さしないっていうのは大事だね。悪さしそうにないもんね」

「法律違反薬物で捕まるっていうイメージ湧かない」

 などとコメントしたのだ。さらには、

「芦田愛菜ちゃんにやらせとけば絶対、安心じゃん。だって芦田愛菜ちゃんがやってれば『う~ん、悪くないなぁ』って思うじゃない」

 そう言うと「だから法律違反薬物やらないなっていうイメージ」と念押ししたのだ。エンタメ誌ライターが言う。

「有吉にしてみれば、いつもの上から目線で切った冗談のつもりだったのでしょう。ただ、芦田はまだ18歳の高校生。しかもスキャンダルなどとはかけ離れたイメージのキャラだけに、パンチが効きすぎた。わざわざ薬物を持ち出してたとえる必要があったのか、はなはだ疑問ではあります。芦田のスポンサー関係者も不愉快に感じたに違いありません」

 CM起用社数ランキング首位は、それだけ老若男女、世間一般の認知度が高いことを示している。有吉の独特な表現が通用しない層もあるということだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 12/6 17:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

4
  • ちくちやん

    12/25 10:40

    有吉信者キモすぎ

  • ***

    12/9 7:19

    薬物のイメージ無いのは事実やろ?未成年とか関係ないやろ。事実を言って何が悪いアホめ

  • むしろこの記事のタイトルの『芦田愛菜と薬物』の方が悪影響あるでしょうよ。有吉さんはそのイメージが湧かないと言っているんだから。

記事の無断転載を禁じます