いちごスイーツ食べ放題! ヒルトン東京「ストロベリー“グルービー”ダイナー」

拡大画像を見る

 ヒルトン東京(東京都新宿区)は12月27日~2023年4月中旬頃の期間、毎年恒例のいちごスイーツビュッフェ「ストロベリー“グルービー”ダイナー」を、1階の「マーブルラウンジ」にて開催する。時間帯は14時30分~17時(二部制)。料金は、平日が5500円、土日祝が5900円。

 2022年のいちごスイーツビュッフェのテーマは“アメリカン・ダイナー”で、50年代のアメリカン・ダイナーやポップカルチャーから着想を得たおしゃれでグルービー、そしてちょっぴりレトロな空間にて、ヒルトン東京のエグゼクティブペストリーシェフである播田修氏がてがける、20種類以上のいちごスイーツとフレッシュ苺、「マカロニチーズグラタン」や「ペパロニピッツァ」といったダイナーらしい食事を楽しめる。

 期間中は、ホテル全体で約23トン(7万7000パック)の苺を贅沢に使用するとともに、懐かしのアメリカン・オールディーズが流れる「マーブルラウンジ」は、まるで50年代のアメリカン・ダイナーにタイムスリップしたかのようなワクワク感に包まれる。

 毎年もっとも人気の高い苺のタルトは、酸味のあるルバーブのジャムとマシュマロをアクセントに、艶々の大粒苺をたっぷり冠した「苺タルト@ドライブ・イン・シアター」を用意。そのほか、​ピーナッツバターを用いたサクサクの塩バタークッキーに、カスタードクリームとフレッシュ苺を乗せた「ロックンロール・パーティークイーン」、紅茶のパウンドケーキの中に練乳で作るロイヤルミルクティー風キャラメルを配して、たっぷりの苺とマシュマロをトッピングした「ダンス、ダンス、ダンス」、苺とブルーベリー、ローストマカダミアナッツのショートケーキにハーシーチョコレートソースをたっぷりかけた「エルビスが街に来た!」、苺の形がキュートなミルクチョコレートのムース「ポルカドットなあなた」などが登場する。

 ほかにも、ココナッツ、コクリコ、ラズベリーと香り高いセンガセンガナ種苺を用いた「プロムナイトの苺ミルクシェイク」、焦がしバターで作るマドレーヌをベースに、カラフルなバタークリームをトッピングした「隣のイケてるあの子」、マカロンでオレオクッキーと苺ソースをサンドした「ピンクレディース」、スペルト小麦で作るワッフルに、チョコレート&キャラメルソースとアイスクリームをトッピングする「アメリカン・サンデーワッフル」、アニスを利かせた苺ソースとカスタードクリームを配した一口サイズのシュークリーム「ロリポップ&ロリポップ」など、多彩なメニューを取り揃える。

関連リンク

  • 12/6 17:00
  • BCN+R

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます