平井理央の夫にまたしても「不貞」報道!「夜の営みレス」までバラされる赤っ恥を…

拡大画像を見る

 熊田曜子との不貞疑惑が出ていたフリーアナウンサー・平井理央の夫について「週刊女性PRIME」が報じている。

 熊田はDVや不貞を巡って、夫のA氏とドロ沼の訴訟中。熊田をめぐっては、キー局プロデューサーで平井の夫・B氏との間にも不貞疑惑があったと、これまでに報じられている。

 そして今回の記事では、B氏と不貞関係にあったという、メディア関係の仕事に携わっていた女性が登場。赤裸々に告白したのだ。

 この女性はB氏と4~5年前に知り合ったそうで、初対面の時点で平井の夫であることを知っていたという。初めて会った翌週には性行為に及んだが、お互いに「割り切った関係」だったとか。芸能ライターが語る。

「記事ではB氏と女性の生々しいLINEのやりとりが明かされ、頻繁に肉体関係を持っていたことが窺えます。女性によれば、B氏は平井には興奮しないので、ずっと夜の営みがないこと、B氏から手を出さないため平井の方から襲ってきたとまで、女性に明かしていたというのです」

 自身の夫にまたもや疑惑が生じた上に、夜の生活まで暴露される…。そんな平井には同情を禁じ得ないが、実は彼女自身も過去に、結婚生活についてこんな話をしているのだ。

「『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した際、『変な癖』の話題になり、平井は夜にお風呂には入らないと告白。特に酔っ払うと絶対に入らないといい、ニオイがバレないよう夫とは離れて寝ていることまで明かしていました。しかも『ダンナが迫ってくる時があるのでは』の問いに『あんまりない。迫られない』と、レス状態まで匂わせていました。このトークが放送されたのが結婚から約3年経った15年のことですから、当時から夫婦間には距離があったのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 もっとも、B氏は「週刊女性PRIME」の取材に対し、告白した女性との関係を全面否定している。平井もB氏と熊田の関係については「無実を信じているようです」(前出・芸能ライター)とのことだが、何やら不穏な夫婦関係は、まだまだ注目されそうだ。

関連リンク

  • 12/5 17:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます