機内で寝ていた女性、靴下にいたずら書きをされるも「自業自得」の声

拡大画像を見る

先月30日、飛行機にまつわるハプニング動画を投稿するInstagramアカウント「Life’s A Trip With SK」と「Passenger Shaming」でシェアされた、飛行機内で女性が靴下に落書きされたという動画が物議を醸している。

動画はもともとイギリスの旅行ブロガーのジュリア・バレンタインさん(Julia Valentine)が投稿したものだが、『New York Post』によると動画の女性がジュリアさん本人なのか、または彼女が単に動画をシェアしただけなのか分からないため、落書きされた女性の身元ははっきりしていないという。

動画には「目が覚めて、何人かの見知らぬ子供が私の白い靴下に絵を描いていたことに気づきました」と言葉が添えてあり、機内で眠っている間に女性の靴下が前席の子供たちによっていたずら書きされてしまったようだ。

ピンクや紫のマーカーでいたずら書きされた女性の靴下が捉えられている動画は、女性が迷惑を被ったように見える。しかし実はこの女性、靴を脱いで前席の肘掛けと窓側の壁の間に足をのばしていたようだ。そのため女性の足は前席に少しはみ出てしまい、それに気づいた子供たちがいたずら書きをしたと見られている。

動画を見た人たちからは、子供たちではなく女性に対して「自業自得」といった声のほか、このような意見があがった。

「君の足が子供たちのスペースに入り込んじゃったから、彼らのキャンバスになっただけの話さ。」

「私だったら笑い飛ばしちゃうけど、それ以前に前の席の肘掛けの横に足を置くようなことはしないわ。」

「自分のスペースに足を置くようにするべき。子供が絵を描けるほど近いところへあなたは足を置くべきではないわ。」

中には「その子供に楽しみを与えたことで機内全体の役に立ったね(笑)」と、機内で子供が騒がずにいられたのはいたずら書きができたおかげだと皮肉ったコメントも見られた。ちなみに機内で靴を脱ぐこと自体がマナー違反だと指摘する声もあったが、「Passenger Shaming」ではこのように綴っている。

「機内で靴を脱ぐことについてよく質問を受けますが、清潔で臭わない靴下を履いているのであれば100パーセント大丈夫です。もちろん自分のスペース内だけで、壁や他の席に足を乗せたりしないようにしなければなりません。あとファーストクラスを利用した人ならご存じでしょうが、靴下やスリッパが用意されていますから靴を脱ぐのは問題ないと思います。」

そして最後に「トイレに行く時は靴を履いてくださいね。トイレの床にある液体は水ではありませんから…」と締めくくっている。

画像は『Life’s A Trip With SK 2022年11月30日付Instagram「WHAT WOULD YOU DO? …if you woke up to an art project on your feet?」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 12/4 21:00
  • Techinsight japan

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

5
  • …ず…

    12/25 13:37

    心狭っ( ゚ε゚;)

  • 他人のスペースに侵入した時点で、落書きされてもモンク言えない状況です。あくまでも日本の民法上の話ですが、自分の家の敷地を越えてしまった動産(例えば塀を越えて育ってしまった柿ノ木等)は、越えた部分はその家の動産になります。それを壊そうが、食べてしまおうが、その家の人の自由です。器物損壊や勝手に何かしたと罰せられたり、賠償の義務はありません。記事のことが裁判になったとしても同様の結果は高いでしょうね。

  • おやぢ

    12/25 10:01

    寝ている間だったのに本当にその子どもが書いたのか判断出来るのかな?とは思ったw

記事の無断転載を禁じます