年収が低い……夫を気遣う“妻の声かけ”3つのパターン

拡大画像を見る

「夫の年収が低い」という問題に対して、夫婦間ではどのようなコミュニケーションが取られているのでしょうか。妻から夫へ次のよう声かけをすることで、夫婦円満に近付けるようですよ。

■「一緒に頑張ろう」

 心の中では「もっと稼いで欲しい」と思ってはいても、実際に夫には「一緒に頑張ろう」と声をかけている妻は多いようです。これなら夫も落ち込まず、プライドが傷付くことも少なく、心強いかもしれませんね。

■「いいよ、これから収入増えるもんね」

 大事なのは、年収の低い夫を受け入れること。そして同時に、将来の夫を信じることです。

■「私がもっと稼ぐから」

 妻のほうが稼いでいる共働き夫婦は多く存在します。こういう妻は、夫にとって逆に心強いかもしれません。とりあえず家計は安泰なので、男性のプライドが傷付いてもそれは仕方がないことでしょう。

 夫の年収が低いという悩みを抱えている人は、これらの声かけをヒントに実践してみてくださいね。

関連リンク

  • 12/4 7:14
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます