W杯・日本ゴール騒動でFIFAが証拠動画と説明動画を公開「ラインから出てない」

拡大画像を見る

2022年12月2日に試合があったFIFAワールドカップ・カタール大会の日本VS.スペイン。日本時間の午前4時という早朝すぎる時間での試合ながら、多くの人たちが視聴し、インターネット上で盛り上がりをみせた。

「ゴールは無効では」という声も

特に世界的レベルで話題となったのが、ラインギリギリでの三笘薫選手のボールさばき。ラインから出る前に足でひっかけるようにボールをすくい、ゴール前に飛ばしたところで田中碧選手がシュートを決めたのだが、そもそもボールはラインを越えていたのではないかとの声が噴出。「ゴールは無効では」という声もあがった。

FIFA公式Twitterは証拠動画と説明動画を掲載

確かに、角度によってはラインからボールが出ているように見えるが、真上から見るとボールの一部はラインに乗っており、完全にラインから出ていないことがわかる。このジャッジを疑う声が多かったからなのか、ラインから完全にボールが出ていないことを示すため、FIFA公式Twitterは証拠動画と説明動画を掲載した。

<FIFA公式Twitterコメント / インターネット翻訳>

「2対1で勝利したスペイン戦での日本の2点目は、VARによってチェックされ、ボールがプレーから外れたかどうかが判断されました。ビデオの試合関係者は、ゴール ラインのカメラ画像を使用して、ボールがまだ部分的にライン上にあるかどうかを確認しました」

「他のカメラは誤解を招く画像かもしれないが、入手可能な証拠では、ボール全体がプレーから外れていたわけではない」

ゴールも含めて問題ないプレーだった

動画を視聴してみると、確かに、ボール全体がラインから出ていないことがわかる。ギリギリなのは事実だが、ボールの一部がライン上に重なっており、ゴールも含めて問題ないプレーだったことも確認できる。

ルールを知る良い機会になったのでは

ルール上まったく問題ないことが判明した今回の騒動。「このルールを初めて知った」という人も少なくないようなので、ある意味、ルールを知る良い機会になったのではないだろうか。

ちなみに「VARが前田大然選手の坊主頭をボールだと勘違いして誤審した説」もあるようだが、ネタだと思いたい。

※冒頭画像はFIFA公式Twitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連リンク

  • 12/4 1:30
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます