はじめしゃちょー「黒髪ロングいいですよね!」と好み語る 2年越しの制作発表には歓喜

拡大画像を見る

新作アプリゲーム「かみながしじま〜輪廻の巫女〜」の制作発表会が12月1日(木)、都内にて開催。同作品の企画開発から携わったYouTuberのはじめしゃちょーをはじめ、声優の南條愛乃、公式コスプレイヤーの脳て(天音みこ)、かざり(岳見・エレイン・紗良)、長澤茉里奈(南愛海)、花奈澪(桜川舞)、りさまる(網野光)、橋本梨菜(有櫛小姫)、橋本一愛(桃園ありす)、椎名ひかり(八意胡桃)が出席した。なお、MCはお笑いコンビ・インパルスの板倉俊之、石寿友花が務めた。

LiTMUS株式会社・株式会社Aiming・株式会社講談社の3社共同で開発を行った同作品は、プレイヤーが神の化身・ヒルコと美少女に別れ、1:4で戦う非対称型オンライホラーアクションゲーム。公開は2023年の春を予定している。はじめしゃちょーは、初めてゲームの企画開発に参加した感想や、こだわったポイントを語った。

2020年の9月頃から企画開発に参加したはじめしゃちょーは「どういうゲームを作ろうかっていう段階からご一緒させていただきました。ゲームをするのが大好きなので、完全にやる側の人間だったんですけど、こんなに大変なのかと……」と苦労を明かした。2年越しに発表できたことについては「ようやく発表できてうれしいです!」と喜んだ。

続けて、ゲームの内容について「美少女物のゲームが好きですが、キャッキャしているというよりは『ひぐらしのなく頃に』といった、不気味な何かに追われているような、怖くて謎のあるゲームの方が好きなんです。いろいろな案はあったんですけど、お話しを重ねに重ねまして、そんなにないジャンルだということで、この方向性になりました」と話した。

また、キャラクターのデザインにはこだわったと言い、中でも「髪型にはめちゃくちゃうるさかったですよ」とはじめしゃちょー。さらに「でも、僕の可愛いが全国に通用するのかわからないですし、性癖を詰め込みすぎると一般ウケしなくなると思ったので、いろいろな方の意見を合わせた結果、天音みこちゃんの顔ができあがりました。あと、黒髪ロングいいですよね!」と口にした。

ほか、タイトルを平仮名表記にした理由についてはじめしゃちょーは「タイトルを考えた時は、どういう文字が1番締まりがいいのか、人と神の書き方も結構練りましたね。どうすれば怖いか、どうすれば奇妙に感じるかっていうのを意識しながら考えました」と述べていた。

  • 12/2 17:49
  • マガジンサミット

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます