「クレイジージャーニー」動物解体シーンが物議!もっと強烈な番組もあるのに…

拡大画像を見る

 11月28日放送の「クレイジージャーニー」(TBS系)で、南米アンデス地方の現住民が料理を作るために、飼育するモルモットの解体シーンを放送した。これが視聴者の間で物議を醸しているのだ。

 現地の女性はモルモットの頭と足を両手でつかむと、背骨を反らすように折り、一瞬で昇天させた。番組に出演した「アマゾンの料理人」として知られている太田哲雄シェフは、

「すごい神聖なものなので。それくらい食べ物に対して、この人たちはリスペクトしてる」

 と説明したが「トラウマのレベル」との苦情が沸き起こった。

 一方で「大騒ぎしすぎ」との指摘も出ているが、放送担当記者は、ある番組を引き合いに出して、

「テレビ東京で17年から不定期で放送されている『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』などは、衝撃の強さで言えば『クレイジー』の比ではありません。同番組は『食べる=生きる』をコンセプトに世界各地の危険な場所を取材し、そこに住む人々の生活と『飯』を密着する内容。過去にはフィリピンのスラム街で売られている、残飯を揚げたフライドチキンや、マニラ郊外では廃材の炭で焼いた、命が縮むというハンバーガーを紹介しました。日本では考えられない、海外の食の実態を伝えているのです。どの回もディレクターが体を張った緊張感溢れる放送内容で、モルモット料理など、鼻で笑うレベルでしょう」

 最近はコンプライアンスを気にするあまり、少しでもお茶の間にそぐわないシーンは自主規制でカットされてしまう風潮にある。

「そんな中でモルモット料理はかなりチャレンジしたと言えますが、やはり批判が出るのが実情。『ハイパー』は17年と19年にギャラクシー賞を獲得し、有吉弘行もファンと公言するなど、特に業界ウケがいい。とはいえ、作り手側と視聴者の温度差は開くばかりです」(テレビ関係者)

 テレビがつまらなくなる原因は、ここにもあったのだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 12/2 9:58
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

9
  • 7時8時のバラエティならまだしも「クレイジージャーニー」って番組ならこれくらいは有り得るよなあ?※、まあ、仕方ないと分かってても一言グチりたいって感じだろなあ※

  • トリトン

    12/5 14:44

    たしかに食べ物の犠牲になった動物とかにたいする頂きますの気持ちを持つ人はいなくなりつつありますね。特にデカ盛りとかで挑戦して残すとか早食いするてドヤ顔の奴バカばか共に天罰が当たらないかと思えますね。昔は頂きますとごちそうさまが当たり前だったのにね。自分も仕事で鯉の活き造りしてましたが忘年会なんかは残されたときには複雑でした仕事変わってホッとしました仕事でも生きてるのを殺すのは嫌なものでしたね。

  • 番組見たけど食事を神聖な物、尊い物として命を戴く有難さが伝わるシーンだと思う。 クレーマーは「いただきます」の意味を噛み締めて食事しているのか?疑問に思う。

記事の無断転載を禁じます