松本人志にも噛みついた!金属バット、Aマッソも「ボコボコ」…ケンコバ元相方の「お笑いディスり」YouTubeが「ヤバすぎる」!!

拡大画像を見る

 現在、ピン芸人として活躍するケンドーコバヤシ(50)は、2000年まで“モストデンジャラスコンビ”というお笑いコンビとして活動していた。

 元相方である村越周司(50)は、2006年に活動再開するも今年8月末に人知れず再び引退。しかし、その村越が今、予想外のセカンドキャリアを歩み始め、お笑いファンの間で注目され始めているという。

「村越さんは、YouTuberとしての活動を開始したんです。それだけならよくある話ですが、すごいのはその内容。チャンネル名『元芸人村越のお笑いネタディスりチャンネル』に違わず、徹底的に『M-1グランプリ』や『キングオブコント』ほかいわゆる“賞レース”や“ネタ見せ番組”で芸人、お笑いコンビが披露したネタを“ディスる!”というものなんですよね。

 12月1日発売の『FRIDAY』(講談社)にも登場し、その注目度はどんどん増していっています」(エンタメ誌ライター=以下同)

 一見すると、やっていることは炎上系YouTuberと大差なく、そもそも「芽が出なかった元芸人が現在活躍している芸人をディスる」という構造は、芸人仲間、お笑い関係者などからは絶対に理解されないと思われるが……。

「ただ、実際にYouTubeを見ると、言っていることはめちゃくちゃに過激ではあるものの、人格攻撃などはせずネタそのものしか酷評しておらず、その内容も納得のいくものでもあるんです。12月18日の決勝戦に向けて、いよいよ決勝進出者も決まって大注目されている『M-1グランプリ』の出場芸人たちについても、予選の段階から厳しくも真っ当なディスりを入れていました」

 たとえばAマッソについては、漫才の途中に出てくる「“ミミズ爆食いキャラになってた?”→“知らんがな、リアル狸のキモい生態は”」というボケツッコミのやり取りに関して「キャラ」や「リアル」というフレーズが「余分な言葉」「足して面白くなくなってる」としたうえで、そもそも「狸がミミズを食べる」という事実を「意外ですか? 何の驚きもないですよね」とディス。

 そのほか細かいワードのクオリティの低さを指摘。ネームバリューでウケた部分もあったが「まったく無名のコンビが同じネタをやっても1回戦も通らないだろう」と酷評していた。

■金属バットに対して「そのベタはいらんてマジで」と痛烈批判

「一方的に批判するだけでなく、細かな改善策も同時に話している点が、ただの批判系YouTuberとは違うんです。

 また、今回の『M-1』では、金属バットが準々決勝で敗退してからワイルドカード枠で準決勝へ返り咲くも、結局敗退……という流れがありましたが、村越さんは金属バットのネタをかなり酷評しており、そういう意味でも芸を見る目は健在なんだな、と感じますね」

 金属バットの漫才の主題は「小学校の頃の担任の先生と不倫している」というもの。開始早々に「不倫してる」という本題から唐突に入ったことについて、村越はツカミにセンスを感じない、などとディス。

 そして、「ここ一番気になったこと」として「“そろそろ、欲しくない……?”と先生が意味深なことを言うが、フキを炊いてくれただけだった」というボケについて、

「ウケるかもしらんけど、そこはNGワードですって」「センスとブラックで売ってると思うんですよ。そのベタはいらんてマジで」

 と、「フキを炊く」ボケは、ダウンタウンの松本人志(59)が『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)などで散々使い倒していると指摘。そのうえで「カバンから那智黒(黒あめ)を出す」など代替ワードがあると語っていた。

 その後も、「“身体を触るようなチョメいこと”→実際はただの“肩もみ”」という流れも「ベタはいらんて金属バットに。自分の役割を分かれよ」と、やはり代替案として「お嬢様抱っこ→ベッドイン……ではなくトイレに運ぶ→要介護かい!」と「金属っぽいボケ」を説明し、もっと考えてほしいと嘆き、総評は「ベタはやめよう。攻めようぜ! クレイジーでブラックで行こうぜ!」と語っていた。

■『FRIDAY』のインタビューでは“神”にも噛みついた!

「付き合いがあり、かつラストイヤーだった見取り図には、“忙しすぎて漫才に注力できていない”と前置きしたうえで、詰めの甘さやネタの薄さを細かく指摘し、“良いネタできないんなら出なくてよかったと思う”と言い放ってはいたものの、最後は“(言い過ぎたかもだけど)ごめんな”と締めていました。

 村越さんは、本当に親身なアドバイスをしているし、根は良い人だと思いますが、それにしても本当にやってることはヤバいですよね……。ダウンタウンの松本さんも、公然と噛みついていますからね……」

『元芸人村越のお笑いネタディスりチャンネル』より 

 前述の12月1日発売の『FRIDAY』(講談社)では、村越氏のインタビュー記事を掲載。

《僕は松本さんに憧れて芸人になった身ですから元は松本信者です》としつつも、最近のコント番組を見て《昔のセンスはどこに消えたのかとショックでした。松本さんは芸人としては死んでると思います》とまで言い放っているのだ。

「2017年ごろ、オリエンタルラジオの中田敦彦さん(40)が松本さんを批判した挙句に謝罪を拒否。その後、偶然かもしれませんが、中田さんがテレビから姿を消したのも記憶に新しいですが、ダウンタウンや松本さんは半ば神格化されていて、お笑い界やテレビ界では批判はタブー視されていますよね。爆笑問題の太田光さん(57)と松本さんの有名な“過去の確執”などもありますが、“タブー”は半ば都市伝説的ながら、語られているのは事実。

 それだけに、元吉本芸人でありながらこうして公然と松本さんの芸を批判するというのは、本当に考えられないこと。もう芸人も辞めて、怖いものなしということでしょうか……」

『FRIDAY』で、村越はこうも語っていた。

《50歳という年齢もあり、やりたいことをやろうと考え、『お笑いディスリ家』を始めました。といっても無理にくさすつもりはなく、自分としては芸人時代からずっと思っていた本音を語っているだけです》

 12月1日現在、チャンネル登録者数345人かつ再生数も1000未満が珍しくない『元芸人村越のお笑いネタディスりチャンネル』。しかし、『FRIDAY』にも取り上げられ、今後、注目度が上がっていくのは間違いないだろう。近い将来、お笑い芸人なら知らない人はいない有名チャンネルとなるのかも……。

関連リンク

  • 12/2 7:50
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます