アカデミー賞女優「76歳美魔女」が「40歳年下男性」と交際発表!「ぜんぶ規格外」驚異の美貌&美スタイル

拡大画像を見る

 アメリカの歌手でオスカー女優でもあるシェール(76)の熱愛が、全世界を揺るがしている。

「実に、40歳年下の米音楽会社重役の男性との交際を公表したんです。シェールさんは『ポップスの女王』という愛称で知られるレジェンド級の超大御所アーティスト。1998年には『Believe』が世界中で大ヒットし、その年のグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞。さらに、デビューした1960年代から2010年代の50年間に、それぞれビルボードチャートで1位を獲得した唯一の歌手として、アメリカのエンタメ業界で燦然と輝く存在。

  女優としての実績も圧倒的で、ゴールデングローブ賞の助演女優賞や、カンヌ国際映画祭で女優賞、さらに1987年の『月の輝く夜に』ではアカデミー賞の主演女優賞という世界最高の栄誉を獲得しています。そんなシェールさんは50年以上にわたって芸能活動をしていますが、その特徴として、いつの時代も変わらない美貌があります。

 エルビス・プレスリーとベッドをともにしかけた、と自身が告白したこともありますが、数々の男性との豪華すぎる恋愛遍歴を経て、76歳になった現在、40歳年下という孫であってもおかしくない年齢の男性ということですからね……。さすがシェール、という形で注目されています」(芸能誌記者)

 70歳を過ぎても、ステージではシースルーの衣装で美脚も露わにパフォーマンスをし、「すべてが規格外」と評されるシェールが、今回交際を明らかにした相手は、ヒップホップやR&Bの名門レコード会社『Def Jam Recordings(デフ・ジャム・レコーディングス)』で、新人の発掘から戦略を担当するA&R部門の担当副社長を務める、大物プロデューサーのアレクサンダー・エドワーズ。

※シェール公式ツイッター「@cher」より

 しかし、彼にはファンから心配されていることがあるという。

「アレクサンダーさんは、今年2022年8月に、元恋人から、交際中に他に12人もの恋人がいたことを暴露されています。暴露した元恋人を含めると13股をしたことになりますね。この暴露に対して、アレクサンダーさんは全面的に認める考えを表しています。

 そんな騒動の中にあってシェールさんは、アレクサンダーさんとの交際に“愛に計算はいらない”とコメント。また、“恋しているけれど、目は閉じていない”とも言っています。若い恋人にダマされているのでは? という心配は理解できますが、シェールだったら大丈夫では、と思わせるところはありますよね」(前同)

 すでにシェールは自分の家族にアレクサンダーを紹介したとも言われている。アメリカのエンタメ界を代表するレジェンドの恋の行方に、全世界から注目が集まるーー。

関連リンク

  • 12/2 7:10
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます