盲点だった……! 出会いを求めるアラサー女子が行っても「意味がない出会いの場」とは【運命を信じない彼が言うには #4】

拡大画像を見る

彼氏いない歴=年齢のゆかは、運命の男性が現れると信じているも、なかなか出会えない。男友達の航介と過ごす時間は楽しいけれど、友達以上には思えず……。

運命に翻弄される大人の恋を描いた、じれキュンラブストーリー『運命を信じない彼が言うには』(KADOKAWA)をお届けします。書籍とあわせてお楽しみください!

◆Check!

<<1話からまとめ読みはこちら

<<前回のお話しはこちら

天真爛漫でかわいらしいゆかの魅力を十分に分かっている航介ですが、赤い糸が気になってなかなか行動に移せないようですね。ゆかはお構いなしのようですが……。

本作は1~3巻絶賛発売中! 漫画と併せてお楽しみくださいね。

(漫画:『運命を信じない彼が言うには』おむ・ザ・ライス著(KADOKAWA)より一部抜粋/マイナビウーマン編集部)

◆Check!

<<1話からまとめ読みはこちら

『運命を信じない彼が言うには』おむ・ザ・ライス著(KADOKAWA)

あなたは《運命》を信じますか? 運命に翻弄される大人の恋を描いた、じれキュンラブストーリー。

運命の相手を待ち続けて26年、彼氏いない歴を更新中の長谷川ゆか。合コンや占いに行っても運命を感じる相手とは出会えないし、男友達の藤航介は一緒にいて楽しいけれど、ずっと友達だったから意識したことがなくて……。一方航介はというと、ゆかにずっと片思いをしているにも関わらず、その想いを胸に隠していた。

なぜなら彼には【運命の赤い糸】が見えるから――。

関連リンク

  • 12/1 17:10
  • マイナビウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます