押尾学「薬物死亡事件」から13年―ホストクラブ顧問に!元妻・矢田亜希子「主演ドラマ」の「不幸シンクロ」

拡大画像を見る

 元俳優の押尾学(44)が新宿・歌舞伎町のホストクラブの顧問になっていたと、11月28日配信の『週刊女性PRIME』が報じた。

 押尾が顧問に就任したのは、歌舞伎町を中心に複数のホストクラブを展開する「シンスユー」グループで、もともと会長が仲が良かったこともあり、「新しいことをしよう」という話になって顧問に就くことになったという。

 昼の仕事のかたわら、押尾は顧問としてグループ全体の様子を見てスタッフの相談に乗ったり、ホストにアドバイスすることもあるようだ。

 30歳以上のホストだけが働いている大人のホストクラブ「シンスユークラシック」では、毎週金曜日に1~2組限定ではあるものの、“スーパーフライデー”と銘打って押尾自らが席について接客することもあるというから驚きだ。

 押尾は『週刊女性PRIME』の取材に「若いころは調子に乗って“俺が俺が”でやってましたけど、今は“教えてください”って。もう昔の“押尾学”はいないです(笑)」とコメント。

「元芸能人でホストを“やってみたいな”と思った方のためにも、いい流れを作ってあげられたらいいのかなと思います」とも語っている。

■矢田亜希子のダメージは必至……

 押尾といえば2009年8月、六本木ヒルズのタワーマンションの一室で、愛人の女性と共に違法薬物を服用。容体が急変した女性を放置し、保身のために救急車も呼ばず死に至らしめた保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。懲役2年6月の実刑判決を受けた。

 2014年12月に仮釈放となり出所。2015年8月の『FRIDAY』(講談社)の取材を受け、芸能界復帰について聞かれた押尾は「ないない。裁判で俺、言ったよ。芸能界はやめるって」とコメントしていた。

「押尾さんの最新の動向がここにきて報じられてしまったわけですが、やはり元妻の矢田亜希子さん(43)にとっては、だいぶ痛手になるのではないでしょうか……」(制作会社関係者)

 矢田と押尾は2006年11月に結婚し、翌2007年に第1子が誕生したものの、押尾が逮捕されたこともあり、2009年8月に離婚したことを発表した。

「ここ数年、矢田さんは『ラヴィット!』(TBS系)をはじめ、バラエティ番組での活躍が目立ちましたが、かつては月9ドラマで主演を張るようなトップ女優でした。最近は演技の仕事も増えていましたよね」(前同)

■来年1月クールに眞島秀和と共演ドラマ

 2021年、矢田は『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』など、ゲスト出演も含めて6本のドラマに出演。現在放送中のKis-My-Ft2の玉森裕太(32)主演の『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(ともに日本テレビ系)の第3話にも出演した。

「実は、来年1月クールに日テレの木曜24時枠で放送されるドラマで、矢田さんが主演をするという話なんです。眞島秀和さん(46)との共演ドラマで、漫画が原作。大人の恋愛を描くストーリーになるそうです。

 そんな大事なドラマが控えているタイミングで、元夫の押尾さんのニュースですからね。矢田さんは被害者でもありますが、離婚までは相当な“すったもんだ”があったといいますからね……。どう考えても矢田さんにとっては“今じゃないでしょ……”といったところではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)

 女優として再び引っ張りだこの存在になりつつある矢田だが、押尾の“登場”が何かしら影響を及ぼしてしまうのだろうか――。

関連リンク

  • 11/30 7:35
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • すでに芸能界を引退し、次の仕事を頑張ろうとしている者のジャマをする記事はヤメロよ!例え犯罪歴がある者だとしても…いや、それならばなおさら、更正することを阻害するような記事こそ社会に悪影響を及ぼしかねないよ。それとも日刊大衆は、ホストって職業をバカにしてる?そんなの職業じゃないって!?それこそ、公平目線を無視して、その場しのぎでコロコロ態度を変えるやり方を露呈してるね!

記事の無断転載を禁じます