「第一子妊娠」発表の戸田恵梨香「本当に倒れるんじゃないか」熱演のドラマ『大恋愛』でスランプ脱出「私の“終着駅”でした」衝撃告白

拡大画像を見る

 11月28日、第一子の妊娠を発表した戸田恵梨香(34)。11月23日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、過去のスランプとそれを脱却した作品について明かした。今回、映画『母性』で共演している永野芽郁(23)とともに出演した戸田。

 国分太一(48)から「芽郁ちゃんのこの23歳の頃っていうのは、戸田さん、どんな時代でしたか」と聞かれた戸田は、「23歳はすごく迷走してたと思います」といい、22歳の頃にドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿』(TBS系)で主人公のIQ201の変わり者刑事を演じていた結果、キャラの濃い役でのオファーが増えたと振り返った。

 そうした作品に出続けているうちに「逆に“フラットでいる自分のお芝居ってまだできない”って思って。そこを伸ばしたいと思い、どういう作品をやるか、どういうふうに自分の長所と短所を伸ばしていくかっていうのをずっと試行錯誤してました」と、23歳当時の悩みを明かした。

 城島茂(52)が「その答えが出るのは何年後ぐらいなんですか?」と聞くと、戸田は「松岡さんと一緒にお芝居した『大恋愛』という作品が私の“終着点”でした」と、松岡昌宏(45)と共演したドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)がスランプ脱出になった作品だと告白。

『大恋愛』で、戸田は若年性アルツハイマー病に侵され、徐々に記憶を失っていく医師役を熱演。ムロツヨシ(46)演じる小説家と出会い、大恋愛に落ちるというストーリーだった。同じく医者で、ヒロインの婚約者役で共演した松岡は「なんて言えばいいんだろうな。ちょっとね、声かけられなかった」と、当時の戸田の熱演ぶりに言及。

■「別次元にいっちゃった」戸田恵梨香

 松岡は、「最初は明るいデートのシーンとかあるんですけど、そういうときは普通なの」と振り返り、自分と分かれたヒロインの病気の進行を医者役としていて見ていたと明かし、「ちょっと声かけらんなかった。もう殺気めいたものとはまたちょっと違う。はかないものでもないし、本当に倒れんじゃねえかっていう」「役作りとはちょっと違うのかなぁ」と、当時の戸田の鬼気迫る様子について語った。

 戸田は「別次元にいっちゃったんですよ」といい、「よく役者さんが“役を生きました”とか言うじゃないですか。生きるってどういう意味だろうって。全然理解できなくって」「初めてその感覚を味わった作品なんです」と告白。松岡も「あれはもうお芝居ではないです」と、戸田の役への入り込み具合を評した。

 戸田の熱演と、それを受け止めるムロの演技が話題になり、ドラマは大ヒット。当時、2人の熱愛疑惑も出たほどだった。

 戸田は、11月13日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で「若いときは死ぬまで役者を続けたいって思ってたけど、最近はそうじゃない人生もあるなとか思った」と語り、11月20日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)では、林修(57)に今後の展望を聞かれ、「ないです」とキッパリ。2020年12月に松坂桃李(34)と結婚し、結婚によって心境の変化があったといい、「一人の女性として、戸田恵梨香として、生きてた時間が少なかった」「もう“1人で頑張らなくていいんだ”って思った」「死というものへの恐怖心が強いんですけど“一人で死ななくていいんだ”って思って。安心して過ごせるようになりました」とも語っている。

 そして11月28日に、所属事務所の公式サイトで「このたび、新しい命を授かりましたことを、ご報告させていただきます」と報告した。結婚でようやく自身として生きる時間を得た戸田。今後は役者としてだけでなく、妻、母としての人生を生きていくのかもしれない。

関連リンク

  • 11/30 7:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます