アンジャ渡部建、「神回」動画が145万回再生!「引退」断固拒否で暴かれた「意外すぎる仕事」

拡大画像を見る

 11月25日、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平(51)とフワちゃん(29)がMCを務める、ABEMAの新バラエティ番組『有田哲平の引退TV』がスタート。初回のゲストにアンジャッシュ・渡部健(50)が登場し、話題になっている。

「この番組は、有田さんが“きわめて近い将来”に引退をすることを表明し、その際、道連れにするタレントや著名人に引退勧告を行う、といった対談形式の番組。

 放送開始前日の11月24日には有田さんが緊急会見を開き、放送前から話題になっていましたが、初回ゲストの渡部さんに引退を勧告するということもあって、今回の放送がABEMAのバラエティで最高視聴率を更新したそうです。

 番組では有田さんが、渡部さんが初めてできた芸能界の友達だったと明かし、2人は一時期同居するほど仲が良かったことを明かしていました。さらに、渡部さんの事務所の後輩で、有田さんと仲がよすぎることで知られるアンタッチャブル・山崎弘也さん(ザキヤマ・46)を紹介したのも、渡部さんだったという告白もありましたね」(芸能誌記者)

 有田、渡部、山崎を中心に、と共に仲の良かった芸人たちは世田谷区の千歳烏山駅に住み、仕事が終わると毎日のようにファミレスに集合し、『千歳烏山軍団』と称していたという。

 そんな渡部は、2020年6月18日に発売された『週刊文春』にて、商業施設の多目的トイレで不倫相手との情事を重ねていたという不倫騒動で大炎上。レギュラー番組10本を降板するなど活動自粛。同番組では、活動再開した現在の心境について語っていた。

「渡部さんは、活動自粛前は相方である児嶋一哉(50)さんとは、コンビ仲が最悪で、テレビ番組でもたびたび児島さんの悪口を言う場面もありました。しかし、活動自粛を経た現在では“(児島さんから)提案されたことには全部従う”と立場が一転した、とコンビの関係性の変化を明かしていました。

 さらには有田さんから“『うるせえな』って思わないの?”と、コンビ間の関係性が変化した心境を聞かれると、渡部さんから“その渡部は死にました。殺しました私が。もう感謝。本当に児島がいなかったらここにも座れてないですし、相当辛いことをさせてしまったので”と、児島さんへの感謝を語る場面もありました」(前同)

■渡部の意外な仕事事情

 そんな渡部は、現在意外な仕事が順調だと話す。

「同番組で渡部さんは、引退を誘う有田さんに対して、引退はしない、と明言するも、現状テレビの仕事はオファーがない状態であることを打ち明けていました。

 しかし、テレビ以外の仕事として、コミュニケーションに関する講演会活動が盛況だといい、11月29日には『超一流の会話力』という書籍も出版。さらに、ラジオ番組のブッキングという裏方の仕事をしたりと、活躍の場を広げているとのことです」(前同)

 もともと芸能界でもマルチタレントとして、FMラジオのパーソナリティーや冠番組のMCをしたりと渡部の能力は高かった。また、今回、改めて、現在のお笑い界での最重要人物のひとりである有田との30年来の関係も明らかになったわけだ。

「有田さんが、ABEMAが力を入れスタートした冠番組の初回でゲストとして呼んだのは、これまで渡部さんが築いてきた関係ゆえのことです。これにくわえて、渡部さんにはさらに強力なバックアップがある。日テレの『行列のできる相談所』(元・行列のできる法律相談所)などを担当する、“視聴率の鬼”とも言われる、日テレのエース演出家のT氏です」(前同)

 T氏は前述の『行列』や、終了したが『人生が変わる1分間の深イイ話』、『有吉反省会』などの総合演出を手掛け、2019年と2020年の『笑ってはいけないシリーズ』も担当。2021年6月の人事で日本テレビの執行役員に昇格した超ヤリ手の人物だ。

「T氏はこれまで過去3回にわたり、渡部さんの復帰に画策してきましたが、ことごとく失敗に終わっています…しかし、今年の大晦日にT氏が担当する大型特番で渡部さんの復帰を計画していると言われています」

■渡部『チャンスの時間』でお笑い再評価

 渡部は、『有田哲平の引退TV』の2日後、11月27日にお笑いコンビ・千鳥がMCを務める同じくABEMAの人気バラエティ番組『チャンスの時間』にも出演。

「ノブに渡部が悩みを相談する、という企画でしたが、その中で、ロケ弁の定番『金兵衛』のお弁当を渡部がリポートするという流れがあった。渡部は始まった途端“実際の店舗は代々木八幡にあり、すごく行列が出来ていてテレビ局以外の方にも大変愛されています。金兵衛の良いところは、ご飯とおかずが分かれてるんですね。なのでおかずの嫌な汁もれが無いってのも弁当の魅力なんじゃないかなと。(フタを開けて)抗菌シートも取り入れるの早かったんです。コストかかるんですけど、こういう気遣い素晴らしいですよね〜”と、食べる前から止まらないうんちくと、流れるようなトークを披露。

 さらに、銀鱈の西京焼きを食べると“もう身ホロホロの1つ上、とろけるような柔らかですよね。西京焼きってどうしても味噌の味が強く出てしまうことがあるんですけど、味噌の加減がちょうどいいので白身自体の味を損なわない、非常に上品な仕上がり、美味しいです”と、圧巻のコメント力を披露していました」(前同)

 あまりにもこの渡部の食リポがうますぎたため、千鳥の2人からはやり直しを命じられ、抗菌シートを食べさせられるというくだりもあり、視聴者からは《チャンスの時間の渡部回ばかおもろかったな》《渡部の浦島太郎状態の楽屋弁当リポート死ぬほどおもしろかった》《渡部立ってるだけでおもしろいの無理ww》《渡部のチャンスの時間おもろかったしマジで戻ってきて欲しい》といった絶賛のコメントで溢れていた。

 11月28日に、この渡部出演回の切り抜き動画が『チャンスの時間』の公式YouTubeに投稿されると、わずか1日で145万回再生を記録。あらためてその注目ぶりが明らかになった。

 ABEMAの親会社であるテレ朝や、日テレも味方につけて盤石な体制となってきた渡部。11月17日には、妻の佐々木希(34)が第二子妊娠を発表したばかり。家庭も仕事もようやく波に乗り出してきた渡部の今後の活躍にさらに注目が集まるーー。

関連リンク

  • 11/30 7:15
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    12/1 10:12

    たまにSNSで見かけるが感謝する人もいますが食べもらってるのにパチンコ代くれと言って1万渡したらこんなチンケな金5分ももたんわもっとよこせという人も何人かいましたね年寄りが多数でしたが、こちとら一万でもありがたいのに(人にくれやるほどを金が無いが)ほんとうに中には救いがたい人もいる無条件で助けるのもどうかな。炊き出しでレジ袋にパンとかバナナとかお菓子貰ってもこんなしけた物と不平を言う人もいたね。

記事の無断転載を禁じます