ブラビ「20年ぶり復活」でビビアン・スーも緊急帰国!高まるまさかの「タブー芸人ユニット」への期待

拡大画像を見る

 11月29日、1996年〜2002年に放送されたバラエティ『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)で誕生した音楽ユニット・ブラックビスケッツが、12月3日に放送される同局の音楽特番『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022』で、約20年ぶりに復活することが発表された。

 メンバーは、同番組のMCだった南々見狂也(南原清隆・57)、天山ひろゆき(天野ひろゆき・52)、ビビアン(ビビアン・スー・47)の3人。

 先に同番組で誕生しデビューしていた『ポケットビスケット』に対抗するために、1998年に『STAMINA』でデビュー。2ndシングルの『Timing』が、総出荷枚数約200万枚を超える大ヒットとなり、その年の紅白歌合戦にも初出場することとなった。

「ブラックビスケッツは“ブラビ”の愛称で親しまれ、同番組内でも最大のセールスを記録した伝説的ユニットです。

 今回、ブラビが復活するきっかけとなったのは、新しい世代のアーティストたちとコラボするYouTube企画の『Midnight Session』で注目されたKlang Ruler(クラングルーラー)が、2021年12月に『Timing』をカバーした楽曲を発表。今年2022年の4月にこのカバーがTikTokで大流行し、今回本家ブラビが復活したと言われています」(芸能誌記者)

 この復活は、南原がMCを務める『ヒルナンデス!』で生発表。南原は、現在は故郷の台湾を拠点に活動しているビビアン・スーとはもう何十年と会っていないと説明。しかし、当日はビビアンも来日するとのことで、再会を心待ちにしていた。

■番組発の別な人気ユニットが復活

 ブラビだけでなく、2000年前後に活躍した番組企画発の別なユニットが、復活を遂げている。

「『ウリナリ!』と同時期にフジテレビ系で放送されていたバラエティ番組『ワンナイR&R』でも、番組の企画で山口智充(53)と宮迫博之(52)で、人気歌手のゆずをパロディした“くず”を結成。

 元々、2人は歌唱力に定評があり、他局の『ミュージックステーション』(テレ朝系)に出演したほどの伝説的ユニットです。活動期間は2001年から2006年まででしたが、実は、昨年2021年の1月に宮迫さんが自身のYouTubeチャンネルに山口さんをゲストに招き“20年ぶりに『くず』を復活させました【ぐっさん】”というタイトルで動画を公開。YouTube上でユニット復活を遂げていたんです」(前同)

※宮迫博之公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」より

 宮迫は、2019年6月の闇営業騒動で芸能活動を自粛して以降、テレビからの「タブー視」が続いていて、現在もテレビのレギュラー番組は0本で、出演もかなっていない。しかし、この『くず』が新たな希望になる可能性があるという。

「宮迫さんの騒動の1年後に、アンジャッシュ・渡部健さん(50)の多目的トイレでの不倫が報じられ、とんでもない騒動に発展しました。渡部さんはその後、芸能活動を休養し謹慎。約2年が経過した今年になって、ローカル番組で復帰したのち、11月にABEMAの有田哲平さん、千鳥さんMCの番組にたてつづけに出演し、テレビ完全復活に向けて着々と動き出しています。

 宮迫さんがこれからどのように進んでいきたいのかは不明ですが、渡部さんとブラビの復活を合わせて考えると、宮迫さんと山口さんのユニット『くず』にも、もしかするとチャンスがあるのかもしれませんね……」(前同)

 今後どういった形で復活を遂げていくのか? 音楽と共に更なる注目が集まるーー。

関連リンク

  • 11/30 6:45
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます