KARA、“7年半ぶり新曲”MVで故ハラさん思わせる演出話題「涙止まらない」「6人でカムバだね」

【モデルプレス=2022/11/29】K-POPガールズグループ・KARA(カラ)が29日、15周年記念アルバム「MOVE AGAIN」をリリースし7年半ぶりに完全体としてカムバック。タイトル曲「WHEN I MOVE」のミュージックビデオが注目を集めている。

◆KARA、7年半ぶりカムバック

K-POPレジェンドのKARAの復活作となった同アルバムは、メンバー全員が制作にも参加。「WHEN I MOVE」は知英(ジヨン)が作詞・作曲、ニコルが作詞に参加したミレニアルスタイルのアップテンポ楽曲で、空白期間を感じさせないダンスパフォーマンスも披露。伝説的グループの風格を感じさせている。

◆KARA、新曲MVでハラさん感じさせる演出

ミュージックビデオはメンバーがケーキを囲んで記念日を祝うシーンから始まり、テーブルには“6人分”のお皿やグラスがセッティング。

さらにミュージックビデオの最後には、ステージ上に“6本”のマイクスタンドが置かれた様子が映されている。

約3年前の2019年11月に亡くなったメンバーのハラさんを思わせる演出に、ファンからは「MVが始まった瞬間から涙止まらない」「ハラちゃん一緒にカムバだね」「ハラちゃんにもきっと届いてるはず」「最後のマイク6本で思わず泣いてしまった」など、感動の声が広がった。

同日KARAは、京セラドーム大阪にて開催のK-POP授賞式「2022 MAMA AWARDS」に出演。新曲の舞台を初披露する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/29 21:13
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます