キンプリ・岸優太は『鉄腕DASH』に残留?TOKIO・国分太一「5つの田んぼ」と岸自身の「ゴールはない」発言の意図

拡大画像を見る

 11月27日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)にKing & Princeの岸優太(27)が出演。彼の番組企画に対する発言が話題になっている。

 この日はDASH村企画で、村の田んぼで育てた米の試食シーンが放送。コーナーの冒頭、まず今年の米作りの様子が紹介され、いよいよメンバーが10月下旬に村に到着したシーンが流れた。しかし、そこにいたのはTOKIOの城島茂(52)と国分太一(48)、松岡昌宏(45)と、SixTONESの森本慎太郎(25)の4人で、岸の姿はなかった。

 森本は岸の不在を「本日、別の撮影がございまして」と説明すると、松岡が続けて「これから公開するであろう、日本ドラマ系列のドラマですね」と、1月期に放送予定の『すきすきワンワン!』であると補足していた。

 その後、米を精米して火をおこし、いよいよ炊飯へ。その一方、松岡がふだん作っているという豚汁を作り始めた。その松岡のもとに森本が豚汁の具として持ってきたのが、岸が作ったという豆腐と油揚げだった。

 岸は試食の3日前に、以前、一斗缶を分けてもらった豆腐店を訪ねて豆腐と油揚げを作らせてもらい、当日、来られない代わりに差し入れしたのだ。この豆腐と油揚げを投入して、松岡の豚汁は完成。青空の下、森本自作のキムチとともに、メンバーは炊きあがった新米を堪能した。

■岸優太は来年の米作りに参加?

 ここで国分が「岸くんにも食べてもらわないとね」と言うと映像が切り替わり、ドラマの撮影現場にいる岸に、スタッフがごはんと豚汁を届けるシーンが流れた。岸は届けられたごはんを口いっぱいに頬張り、「うまっ!」と感激した様子。そして米について「確実にレベルアップしてるし、でも太一さんが言っていた、まだ修正点が生まれてくる、たぶんまた来年、もっとおいしくなっていって」と言うと、「ゴールはないんでしょうね、米作りに」と、感慨深げに語っていた。

 そして番組の最後、22年間の米作りの映像が流れると試食のシーンに戻り、国分が「どうするよ来年? 1人、1つの田んぼのリーダーになる? 5つの田んぼを作ってさ」と、大胆な提案。城島はこれに「そういうやり方もあるしね」と前向きな姿勢を見せ、森本も「それぞれの味が出そうですね」と、期待に満ちた表情を浮かべていた。

 岸はキンプリからの脱退とジャニーズ事務所からの退所を発表しているため、国分の明らかに岸が米作りに参加する前提の発言は、大きな話題に。ツイッターには「5つの田んぼ 岸くんもいるよね いさせてもらえるよね、、、お願いだからいさせてください」「5つの田んぼ信じていいですか?? 来年も5人の笑顔が見れますように」など、岸の出演継続を望む声が多くあがっていた。

「この収録が行われたのは10月下旬で、脱退発表の前です。国分はまだ脱退を知らなかったでしょうし、これだけで岸がやめないとは言いきれない。ただ、岸と森本にも田んぼをまかせるというのは、2人の知識、経験、熱意を認めたということ。脱退と同時の番組離脱が噂されていましたが、意外とそれより長く続けるかもしれませんね」(芸能誌記者)

■『鉄腕ダッシュ』は来年秋まで出演する?

 岸は脱退に関しては、平野紫耀(25)、神宮寺勇太(25)と同じく2023年の5月22日としているが、事務所の退所は出演する映画の公開が予定されている関係上、同年の秋頃とされている。ひょっとすると、退所までは番組に参加する可能性もあるのだ。

「DASH村や、同じく岸がレギュラーで関わっている新宿DASHは、作物の栽培をしている関係上、半年や1年かけるプロジェクトが多くなります。当然、現在、進行中でこれから放送される予定のものもあるはずですが、岸が番組離脱となるとそれらがお蔵入りになってしまいます。制作側としても、できれば秋まで出てほしいのでしょうが……」(前・同)

 もちろん、事務所側が「出さない」と言ってしまえば、それまでだ。しかし、TOKIOや森本ら共演者たちの岸への愛は深い。なにより、視聴者たちが岸の出演を望んでいる。来年の秋も、ごはんをおいしそうに頬張る岸の姿を見たいものだ。

関連リンク

  • 11/29 18:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます