浜田雅功、レギュラー減少危機!? 松本負傷の『オオカミ少年』など不振

拡大画像を見る

 TBSは11月26日、ダウンタウン・浜田雅功が司会を務めるバラエティ番組『オオカミ少年 Lie or Truth』(金曜午後7時~)の24日の収録中に、タレント・松本伊代が骨折したと発表した。

 TBSの文書によると、事故が起きたのは「企画『ソクオチ』(クイズの不正解者がスポンジ状のクッションで満たされた落とし穴に落ちる企画)」の収録中。松本が「不正解に伴い落下した」ところ、腰を痛め、その後病院で「腰椎の圧迫骨折」「3か月程度の加療を要する」と診断されたという。

 TBSは同企画について、「この企画は過去に2回行っており、今回も事前にシミュレーションを繰り返し行い、着地する場所にはウレタンを大量に敷き詰め衝撃を吸収するなど安全対策に努めておりました」と説明。「松本伊代さんをはじめ関係者の皆さまにお詫び申し上げます」と謝罪している。

『オオカミ少年』は特別番組などを経て、2021年4月よりゴールデン帯でレギュラー化。今年1月14日放送分までは、「ホント」か「ウソ」かを答える二者択一式クイズだけで構成されていたが、その後はさまざまな企画を実施するようになり、“解答ステージ”に落とし穴が設けられた企画「芸能界常識クイズ ソクオチ」は9月30日の放送回で初めて放送された。

 そんな番組開始当初の原型がなくなるほどテコ入れされた『オオカミ少年』だが、その理由はやはり視聴率とみられている。世帯平均視聴率3~4%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、コア視聴率2%といった厳しい数字が目立ち、今回はそんな状況下で起きた事故とあって、TBS内で“打ち切りムード”が高まる可能性もありそうだ。

 浜田が司会を務める番組といえば、同局の『プレバト!!』(木曜午後7時~)が世帯平均視聴率10%台を連発するなど、好調。その一方で、『オオカミ少年』同様、放送期間中に大胆なテコ入れが行われたクイズ番組『芸能界常識チェック!~トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系/火曜午後9時~)は、今年3月に突如終了してしまった。

 さらに、一度レギュラー版が終了するも、18年1月から再度レギュラー放送を開始した『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系/日曜午後7時~)も、8月放送分で世帯平均視聴率3.9%を記録したほか、最近も5%台を連発するなど振るっていない。同時間帯には『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)や『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)といった人気番組がひしめき合っており、『ジャンクSPORTS』はテレビ東京のバラエティ番組と最下位争いを繰り広げている状況だ。

 唯一無二の司会ぶりが根強い人気を誇る一方で、相方・松本人志不在のレギュラー番組の不振ぶりが目立つ浜田。ギャラの“大御所価格”も相まって、“レギュラー激減”の危機を迎えてしまうのだろうか……。

  

  • 11/29 13:00
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます