恋愛感情や性的な行為がない“友情結婚”ってどんなの?「夫婦の連絡はLINEのみ」

拡大画像を見る

 モデルのぺこ&りゅうちぇるが、法律上の夫婦関係を解消しても育児のために同居する「新しい家族の形」を提案し、賛否両論が巻き起こった。彼らと同じように、新たな家庭像を模索する人が増えている現代。そこにある幸福と苦悩、現実に迫った――。今回は多様化している家族の形を模索する人々を紹介する。

◆恋愛感情や性的接触の一切ない友情結婚

 家族や結婚の形はまだまだ多様だ。2年前に恋愛感情や性的接触の一切ない結婚、いわゆる“友情結婚”をしたのは池内正彦さん(仮名・31歳)。

「僕は女性への恋愛感情は多少あるけど性的欲求はない、ノンセクシュアルの一種。結婚願望はあり、世間体も欲しいので友情結婚の婚活サービスに登録。妻と出会いました。

 彼女はアセクシュアルで恋愛感情も性的欲求もないタイプ。お互い世間体が目的など事情も合い結婚しました」

◆夫婦の連絡はLINEでやりとり。食事もバラバラ

 結婚後は2DKの家の各自室で生活。「まともに顔を合わすのは月1回、一緒に宅配ピザを食べるときだけ」とか。

「彼女とは基本LINEでやりとり。食事もバラバラ。生活費は折半で、共有部の掃除は僕がほぼ100%やってますが、結婚生活に不満はないですね。世間体を気にせず、好きに生きられるこのプレーンな生活が気に入っています」

◆夫婦別姓を望んで親子3人事実婚生活

 今年4月に第1子を出産した矢田直美さん(仮名・30歳)は夫も加えて都内での3人暮らし。だが、夫婦別姓を望み籍は入れない、いわゆる事実婚生活を送っている。

「交際1年目で不意な妊娠。夫は結婚も提案してくれましたが、私は煩雑な名義変更や自分の姓が変わることに違和感を持っていたので、“同居するけど籍は入れたくない”と話し納得してもらいました。

 反対すると思った両親が“30歳を超えた大人が出した結論だからね”と笑ってたのは意外だったかな。夫と同居なのでシングルマザーのような手当や保育園の優遇などは特にありません」

◆今のところは不便のない生活だが…

 それでも今のところ、事実婚生活に不便はないという。

「将来的には相続税が高い、夫婦合算での住宅ローンが組みにくいなどの問題は出るかも。夫婦別姓の法制度化も含め、民間サービス向上などの変化を期待したいです」

◆「旦那がいないからラク」シングルマザーという選択

 都内で2歳の息子を育てる山崎柚さん(仮名・31歳)。妊娠を機に彼氏からプロポーズされたが、シングルマザーの道を選んだ。

「彼には初めから結婚する気はないと言ってたので。実は以前、前の恋人と結婚しようとしたとき、相手の職業や学歴を理由に親が猛反対。一方、私はそんなの気にしないタイプ。でも裕福な実家とは揉めたくない。それで結婚は諦めたんです。

 なのに子供ができちゃって。恐る恐る親に相談したら予想外に喜んだので出産を決意。親は“変な男”と籍を入れるよりシングルのほうがいいと考えてるようです」

◆模索する人々の目はいきいきと輝いている

 会社員として月40万円を稼ぎ、養育費も月10万円入るとか。

「夫のいない生活は気楽です。彼とは既に恋愛関係を解消。たまに子供の顔を見にくる程度。実家の親が頻繁に手伝いにくるのも大きいですね」

 多様化する家族の形だが、模索する人々の眼は想像以上に生き生きと輝いていた。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

関連リンク

  • 11/29 15:46
  • 女子SPA!

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    12/2 19:16

    ◆恋愛感情や性的接触の一切ない友情結婚 世間体が目的で結婚したのに、 世間体を気にせず、好きに生きられるこのプレーンな生活が気に入っています」て頭おかしいんか? 3パターン出てるけど、どれも思考が理解できんね、多様性=ちょっとおかしな人 と考えた方がいいかもね。

記事の無断転載を禁じます