こんなにハッキリと写るなんて! 空港のX線検査で見つかったものにびっくり

拡大画像を見る

アメリカでは毎年11月の感謝祭の祝日前後は、多くの人が空港を利用する時期の1つといわれています。

2022年も同月24日の感謝祭に家族や友人と過ごすため、飛行機移動する人たちでごった返していた全米の空港。

そんな中、ニューヨーク州の『ジョン・F・ケネディ空港(以下、JFK空港)』のTwitterの投稿が大きな話題となりました。

乗客のスーツケースから見つかったのは?

同月22日、JFK空港でアメリカ運輸保安局(以下、TSA)の職員が、預けられた荷物を検査していた時のこと。

X線検査で写ったスーツケースの中身を見て、職員は目を疑います。

なぜなら…荷物の中に猫が入っていたからです!

We’re letting the cat out of the bag on a hiss-toric find. This CATch had our baggage screening officers @JFKairport saying, “Come on meow”! Feline like you have travel questions reach out to our furiends @AskTSA. They’re available every day, from 8 a.m. – 6 p.m. (ET). pic.twitter.com/LpIkLbAgzC

— TSA (@TSA) November 22, 2022

驚いた職員がスーツケースのファスナーを少し開けると、オレンジ色の毛が見えました。

職員がすぐにこの荷物の持ち主である男性に連絡すると、彼は猫がスーツケースの中に入っていたことをまったく知らなかったそうです。

男性はその日まで知人の家に宿泊していて、この猫は知人のルームメイトが飼っているといいます。

ファスナーを開けた状態でスーツケースを居間に置いていたら、知らないうちに猫が入り込んでしまったのだとか。

彼はそれに気付かずにファスナーを閉めて、空港で預けたというわけです。

幸い猫はケガもなく元気で、飼い主の家に送り届けられました。

数日後、TSAのスポークスパーソンであるリサ・ファーブシュタインさんはTwitterに、スメルズという名前のこの猫について投稿。

スメルズは感謝祭の日を家族と一緒に楽しんだようです。

Smells, the cat who @TSA recently rescued from a checked bag at @JFKairport after he snuck into a suitcase in an attempt to fly to Orlando, enjoyed Thanksgiving at home in Brooklyn. Apparently Smells was planning to chase after a big mouse he heard was running around Disneyworld. pic.twitter.com/kTgQncJqBb

— Lisa Farbstein, TSA Spokesperson (@TSA_Northeast) November 28, 2022

これらの投稿には猫を飼っている人たちから「うちの猫もする」「猫あるある」「無事でよかったね」などの共感の声が上がっています。

海外メディア『ABC11』によると、猫の飼い主はTSAの職員から連絡があるまで、スメルズがいなくなったことに気付いていなかったそうです。

もともと狭いところを好む猫たちが、荷物でいっぱいになったスーツケースに潜り込むのはよくあることなのだとか。

家に猫がいる場合、荷物を閉める前に必ず中を確認したほうがよさそうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @TSA@TSA_NortheastABC11

関連リンク

  • 11/29 15:05
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    11/30 20:22

    やはり猫はかわいいですね~🤗

  • グレイス

    11/30 14:03

    無事でよかったよ~

記事の無断転載を禁じます