唐田えりかの「禊は終了」?主演映画の「圧巻ビジュアル」と禁断「東出昌大&杏彷彿シーン」!!ネットにはない“ガチンコ評価”!

拡大画像を見る

 11月26日に、唐田えりか(25)と遠藤雄弥(35)のW主演映画『の方へ、流れる』が公開され、池袋の『シネマ・ロサ』で初日舞台挨拶も行なわれた。小さな映画館ながら初回満席を記録し、好意的な記事も増えてきているが、ネット上では、相変わらず唐田に対して辛らつな声が根強い。

「唐田さんは、女優の杏さん(36)と結婚していた東出昌大さん(34)と不倫していたことが2020年1月に発覚して“女性の敵”として好感度が暴落してしまいました。

 直後から芸能活動を休養し、“禊(ミソギ)”として髪をバッサリとショートヘアにして、事務所の作業を手伝うなど、表舞台からは遠ざかっていました。それから2年10か月ほどが経過し、応援の声も戻りつつある、と11月26日に『SmartFLASH』が好意的に報じたんですが、この記事でも唐田さんには、大いに批判が寄せられてしまっていますね」(女性誌編集者)

 記事が掲載されたYahoo!ニュースのコメント欄は、

《犯罪ではないですよね。だから、何をしても良い?違いますよね》

《「不倫が犯罪では無い」が通じるのって、「相手が既婚者だと知らずに付き合ってた」場合だけだと思うんですよね…》

《犯罪でなくても人間ですから、悪い印象は残ります。短髪で禊? 何だそれ笑 その禊?の最中や復帰の仕方で悪い印象が良い方に変わることもあります》

 などなど、唐田への厳しいバッシングは変わらず多い。

■「無言で画面に映るだけで映像が成立する」圧倒的ビジュアルは健在

(※以下、『の方へ、流れる』のネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください)

「唐田さんについては今後もアレコレと言われるとは思います。

 ただ、実際に『の方へ、流れる』のスクリーンの姿と、その後の舞台挨拶で見せた生の姿を見ると、やはり圧倒的な存在感があります。

 舞台挨拶では特にそれが顕著で、小顔と背の高さ、発しているオーラなどが明らかに他のキャスト陣たちと比べても一線を画していました。来年配信予定のNetflixの作品『極悪女王』の役作りでしょう、顔が多少ふくよかになってはいましたが、それでも美貌は全く崩れていないのもさすがです。体のラインは、長袖のドレスで隠していましたが……」

 そう語るのは、初日舞台挨拶と映画を鑑賞した映画ライターだ。

「本作は基本的に唐田さん演じる里美と、遠藤さん演じる智徳の会話劇が中心で、2人以外の登場人物はほとんど出てこないし、カメラ的にダイナミックな動きも少ない。BGMもなく、実に淡々とした映像が続きます。

 ただ、会話劇が始まる前、冒頭からそこそこ長い間、無言で里美が長々とスクリーンに映っているんですが、それだけで実に“画”になるんです。唐田さんの圧倒的な存在感、美しさは健在でしたね。竹馬靖具監督は“美の骨頂”と舞台挨拶で評していましたが、まさにその通りだと思います」(前出の映画ライター=以下同)

 ちなみに舞台挨拶で竹馬監督は唐田を起用した理由を、

「(オーディションで)ダントツで里美のイメージを広げてくれる俳優さんだと思った」「役に深みだったり、いろいろな迫力を持たせてくれる俳優さんかなと思って決めた」

 と語っている。

 また、劇中の唐田と遠藤の演技は会話の端々にトゲを含みつつもかなり淡々としていて「棒読み」の指摘もあるが、これは意図したもの。

《「感情を優先させないように」という演出を受けていたので、言葉の一つひとつを一貫して大切に意識しました》

 と、唐田は11月26日に『telling,』で明かしている。

■禁断の2つの「不倫連想シーン」

「棒読みでいながら、映画として鑑賞に耐えうるクオリティに仕上げる。これは本当に難しいことなので、それを成し遂げた唐田さんの実力があらためて伝わりました。

 ただ、いささかヒヤリとする場面もありました。

 それというのも、唐田さん演じる里美の会話や設定の端々に、どこか現実の唐田さん、東出・杏元夫妻などを連想させる要素もあるんです。

 ダイレクトな部分だと里美と智徳が男女についての話をしている際、智徳に“不倫とか?”と聞いてきて、“だったら?”と返す場面がありました。ウソ泣きを褒められて“女優になろうかな?”と笑う姿も、どこか現実味を感じさせましたね。

 また、これは完全なアクシデントですが『の方へ、流れる』の上映前に、東出さんが主演する『天上の花』の予告編が流れたため、一瞬劇場の空気が“あっ……”となってました(笑)」

 そのほか、杏は騒動を経て今年9月にかねてから「青春の場所」「移住したい」と公言していたフランスへと移住したが、里美は「大学でフランス文学を学んでいた」「フランスや文学に関わることがしたい」という設定のキャラクターのため、思わぬシンクロの場面もあった。

「映画本編以外の部分で印象深かった出来事としては、舞台挨拶で唐田さんが涙ながらにこれまでの感謝と謝罪の言葉を話す場面で、“復活、おめでとー!!”“唐田えりかサイコー!!”と大声で応援の言葉を贈っていた中年男性らしき声があったほか、女性のお客さんも舞台挨拶で話す唐田さんにもらい泣きしていたり、スタッフにファンレターを渡すようにお願いする人もいました。

 唐田さんも待ってくれていたファンが存在することをあらためて実感できただろうし、もう道は踏み外さない、と強く感じたはず。過去のヤラカシは消えませんが、乗り越えてほしいものです」

 初日舞台挨拶で涙をこらえつつ「この期間、自分という者に向き合っていました。ダメなところや弱いところ、それに対して向き合ってくださる方がいて、こうして今ここに立てていると思います」と話していた唐田。あらためて、これからの活躍に期待したい。

関連リンク

  • 11/29 7:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます