コスプレグラドル・赤羽もも「突撃!ひとりジム」のひとり言/福島から上京してギャルサーに入ったら…

拡大画像を見る

 赤羽ももです。コスプレとグラビアのお仕事をしています。ジムには2年、パーソナルに通っています。食べることが我慢できないので、動くことでプラマイゼロにしようとしているのです。

 トレーニングで体型をかろうじて維持できているのですが、それも大好きなコスプレを楽しむためのもの。もともとアニメが好きだったことから、コスプレが趣味になりました。

 始めたのは、18歳の頃です。福島から上京してきて、ギャルサーに入っていたんです。ギャルサーは「キャンサミ(CAMPUS SUMMIT)」出身の子のことで、「キャンサミ」は渋谷のクラブハウスを貸し切るギャルのイベントのこと。そのキャンサミに出ている流れで、憧れの先輩がコスプレをしていたのが、私の心に突き刺さりました。

 当時は髪の毛を蛍光ピンクに、そして超ロングネイルアート。そんな過去の写真は、インスタには上げてないんだけど、たまにテレビの番組や雑誌で紹介しています。

 グラビアに転身したのは、ゲームショーなどのイベントが新型コロナでできなくなっちゃったので、どうしようと考えているところで、ご縁があって。なので、グラビアのお仕事は、ここ2年弱のことです。

 とはいえ、グラビアで一般的な普通の水着というよりも、持ち前の艶っぽいコスプレからのスタートですが、それがとってもみなさんに楽しんでいただけているようで。自分が好きな衣装を楽しんでいます。最近のお気に入りは、サバゲーの武装コスプレですね。

 今回はまず、自己紹介の前編でした。後編はまた次回に。コスプレのリクエストも受け付けています。

※ひとりジムの様子はYouTubeチャンネル「グラビア女子の日常ちゃんねる」で公開中(毎週火曜、金曜に更新)。

あかばね・もも B93・W60(Gカップ)・H83。「スタースカウト総選挙」ファイナリスト。アキバコ撮影会モデルやコスプレファッションショーに出演する。ファッションマガジン「KERA」でのスナップ掲載経験あり。趣味はアニメ鑑賞、コスプレ、スノボー、ボードゲーム、謎解き、ゴルフ。12月4日(日)、サバゲーイベント「PEACE COMBAT GAMES VOL.18に」に出演予定。なかなか一緒にサバゲーできる機会がないので、このイベントにぜひ参加してね。

関連リンク

  • 11/29 5:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます