”世界最高のチーム”との大一番へ…森保監督がスペイン撃破へ意気込み「勝って超えていきたい」

拡大画像を見る

 日本代表を率いる森保一監督が、FIFAワールドカップカタール2022・グループE最終節のスペイン代表戦に向けた意気込みを語った。

 27日に行われたコスタリカ代表とのグループE第2節に敗れた日本代表。現在は1勝1敗の勝ち点「3」でグループEの2位に付けており、最終節のスペイン代表戦に勝利すれば無条件で決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。しかし、同試合に敗れた場合はグループステージ敗退が決定。引き分けた場合も他会場の結果次第では決勝トーナメントに進出できない可能性がある。

 コスタリカ戦翌日の練習前に取材に応じた森保監督は「切り替えて次のスペイン戦に向けて準備しています。反省するところは反省し、次に向けてどれだけエネルギーを作れるのか、そして作っていくことが大事だと思うので、今のベストを全てスペイン戦にぶつけるように準備していきたいと思います」と気持ちの切り替えを強調しつつ、大一番に向けて次のようにコメントした。

「W杯に臨むにあたり、このグループを突破していくことを想像した時には、3試合を戦って初めて突破できるという想定をしていました。なので次のスペイン戦に向けても準備という部分は変わりませんし、スペイン戦だけの準備と考えると、スペインの選手であったり戦術的な部分においてはW杯前から準備はしてきました。その中で直近の2戦で何が違うのかということと、我々が準備したことはやっていきたいと思います」

 また、スペイン代表の印象については「激しく、厳しく、その中でも技術を発揮できる、お互いが連携連動できる世界最高のチームだと思っています」とコメント。「戦えることが楽しみですし、試合に勝って超えていきたいなという気持ちになりました」と意気込みを示した。

 日本代表が決勝トーナメント進出をかけて戦うスペイン代表との大一番は、日本時間の12月2日の午前4時にキックオフを迎える。

関連リンク

  • 11/29 3:43
  • サッカーキング

記事の無断転載を禁じます