読者が選ぶ“菅井友香の名言”5つ【モデルプレス誕生日企画/読者アンケート結果】

【モデルプレス=2022/11/29】11月29日に27歳の誕生日を迎えた元櫻坂46の菅井友香。モデルプレスは「あなたが思う菅井友香の名言は?」をテーマにアンケートを実施。ここでは、読者アンケートで寄せられた名言を5つ紹介する。

◆1:「がんばりき」

ライブやテレビ、ラジオなど様々な場面での発言「がんばりき」。このフレーズは「頑張る」と、自身が学生時代より得意とする“馬術”にちなんだ「馬力」を組み合わせたオリジナルの造語。

“元気が出る合言葉”として、馬の前足をイメージした決めポーズと一緒にこれまで様々なメディアで披露していることから、ファンの間でもおなじみのキャッチフレーズとなっている。

<読者コメント>

・「自身の馬好きと絡めた好きな言葉です。周りも元気にさせてくれる言葉だと思います」

・「商標登録されそうなくらい我々の頭に残ってるから」

・「コミカルで可愛らしくもあるが、この言葉で彼女自身だけでなく沢山の人を支えてきた言霊だと思います」

・「冠番組初登場の時から最後の卒業セレモニーの日までやり続けた、ゆっかーの代名詞とも言える言葉だからです!」

・「菅井さんの好きな馬になぞらえた言葉で、みんなを笑顔にさせる言葉だから。卒業セレモニーの最後にがんばりきポーズをしていたのがとても印象的だった」

◆2:「欅坂46が大好きです」

2020年10月に行われた欅坂46最後のライブ「LAST LIVE」より「欅坂46が大好きです」。同ライブの最後にグループの始まりの曲である「サイレントマジョリティー」を踊りきり、最後は全員で1列に。菅井が「欅坂46が大好きです。みなさんとのこの5年間はずっとずっと宝物です。本当にありがとうございました」という言葉とともに、「以上、欅坂46でした!ありがとうございました!」とお辞儀をして欅坂46の5年の活動に幕を閉じた。

涙ながらも力強く語る菅井の姿は強い印象を残し、今でも鮮明に覚えているファンが多く存在する。

<読者コメント>

・「欅坂46としての最後の挨拶で泣きながら話していたのを、今でも鮮明に覚えている」

・「5年間欅坂として頑張ってきたキャプテンの言葉。欅坂は本当に大切でかけがえのない存在だったんだなと思える」

・「ラストライブで涙ながら笑顔で言ってくれてファンが救われたから」

◆3:「大好きな欅坂46も大好きな櫻坂46もそれぞれにしかない楽曲、グループ、メンバーの魅力がたくさんあります。どっちが良い悪いとかじゃなく、それぞれを尊重しながら魅力を受け入れて、どっちも愛して頂けたら嬉しいなと思っています」

2022年11月9日に櫻坂46を卒業したばかりの菅井。そんな彼女の卒業セレモニーが行われた東京ドームライブ「櫻坂46 2nd TOUR 2022 “As you know?」では、涙ながらに7年間の活動を振り返った。

欅坂46と櫻坂46について「大好きな欅坂46も大好きな櫻坂46もそれぞれにしかない楽曲、グループ、メンバーの魅力がたくさんあります」と語り、「どっちが良い悪いとかじゃなく、それぞれを尊重しながら魅力を受け入れて、どっちも愛して頂けたら嬉しいなと思っています」とキャプテンとしてグループを牽引してきた菅井だからこその熱いメッセージとなっている。

<読者コメント>

・「最後まで最高のキャプテンで素敵な言葉だなと思いました」

・「過去と現在で比較されてきた欅坂46と櫻坂46。最後の舞台で素晴らしい言葉を残してくださり、会場全体が心の底から拍手をしていました」

・「最後の最後まで、グループの事を思っているのがゆっかーらしいから」

◆4:「今日までグループを守るために戦ってきました。悲しいこともあったけど、最高に楽しかったです!」

卒業セレモニーでのスピーチ後には、自身がセンターを務めるラストソング「その日まで」を披露。間奏で菅井は「今日までグループを守るために戦ってきました。悲しいこともあったけど、最高に楽しかったです!」と笑顔を見せながら語った。

欅坂46時代から初代キャプテンを務め、約7年間グループのために必死に活動した彼女の強さと優しさを感じられるこの言葉に「世界一のキャプテン」といった声が寄せられている。

<読者コメント>

・「綺麗なドレスを着て、笑顔でこの言葉を言っていて、世界一のキャプテンだなと改めて思ったから」

・「初めて本人が『グループを守るため戦ってきた』と明言したから。『グループを守る』ということは、自分が先頭に立って、さまざまな困難を受け止めるという、いつもの柔らかく優しい振る舞いに対してまっすぐでブレない彼女の強さを感じられる発言だったから。卒業のこの日まで、一度も言わなかったことがかっこいいと感じた」

・「欅坂から7年間、初代キャプテンを務め、大変な時期が多かったグループを矢面に立って守ってきたことを改めて感じたため。その中で、最後に笑顔で『最高に楽しかったです!』と本人の口から聞くことができたのは、ファンにとって救いでした。素敵な方を7年間応援してきたことが報われた気がしました」

◆5:「友香の笑顔はひゃ100万馬力」

テレビ東京系「欅って、書けない?」(2015年10月~2020年10月まで放送)の初登場シーンより、「友香の笑顔はひゃ100万馬力」。「私は本当に馬が好きです」と緊張ぎみに自己紹介をした菅井は、“100万馬力”を噛んでしまい照れ笑い。フレッシュでいじらしい彼女の姿は、ファンの心を鷲掴みにした。

<読者コメント>

・「緊張して噛んでたところが可愛いし愛おしい」

・「最初の自己紹介で一番印象強かったです」

・「原点にして頂点の菅井さんを表す素敵な言葉だと思うから」

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/29 0:00
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます