10.2インチの“手書きできるKindle”は11月30日発売へ

拡大画像を見る

Amazonは10月24日、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの新製品「Kindle Scribe」をプレス向け説明会でお披露目。国内では11月30日に販売を開始することを明らかにしました。

Kindle Scribeは、シリーズで初めて10.2インチの大画面ディスプレイを搭載し、付属のペンによる手書き入力に対応するKindleの最上位モデル。電子書籍にしおりをはさむようにメモを挿入したり、紙のノートのように手書きノートを作成できる他、PDFなどの文書に書き込みができるようになったのが特徴です。

本体は厚さ5.8mm、重量433gと薄型・軽量。300ppiの解像度で、より多くの文字を表示できる他、老眼などで文字サイズを大きくして表示したいユーザーにも読みやすい大画面です。ディスプレイは色調調節ライト、明るさの自動調整、自動画面回転の機能を搭載。充電ポートはUSB Type-Cで、フル充電で読書なら最大12週間、読み書きなら最大3週間の使用に対応します。

Kindleの電子書籍を読みながら、本文に追加したハイライトやページの任意の場所に“付せん”の追加が可能。付せんには手書きメモやキーボードで入力したテキストを記録できます。作成した付せんは本単位で一覧表示したり、PDF形式でメール送信することも可能。漫画や雑誌、実用書、一部の電子書籍は付せんの機能には非対応となっています。

PDFやWordなどのファイルをKindleライブラリに取り込む「Send to Kindle」機能を利用して、外部から取り込んだファイルに直接手書きで書き込みが可能。書き込みをしたファイルは、メールで送信することで共有できる仕組み。

罫線ノートやスケジュール、ToDoリストなど、18種類のテンプレートから好きなものを選んでノートの作成が可能。作成したノートはクラウドで同期するので、スマートフォンやタブレットのKindleアプリから見ることもできます。

付属のペンは、消しゴム機能とカスタマイズ可能なショートカットボタンを搭載する「プレミアムペン」と、シンプルな「スタンダードペン」の2種類をラインアップします。ペンはKindle Scribeの側面にマグネットで着脱でき、充電や事前のセットアップは不要。

ペンの種類とストレージ容量の違いで価格を設定。スタンダードペン付きで16GBのモデルは4万7980円(税込)、プレミアムペン付きモデルは16GBが5万1980円(税込)、32GBが5万4980円(税込)、64GBが5万9980円(税込)です。ペン単体の購入も可能で、プレミアムペンは9980円(税込)、スタンダードペンは4980円(税込)。

スタンドとしても利用できる専用カバーは、ファブリックカバーが9980円(税込)、レザーカバーが1万3980円(税込)、プレミアムレザーカバーが1万5980円(税込)です。

9月には、上位モデルと同等の300ppi解像度でUSB-Cポートを搭載した無印Kindleが発売されています。

関連リンク

  • 11/28 19:30
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます