「ジョブチューン」を崖っ縁に追いやる「ロイヤルホストにダメ出し」への怒り

拡大画像を見る

 またしても大炎上だ。ネプチューンがMCの情報バラエティー番組「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系)のことである。

 11月26日の放送で、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のパンケーキを審査員が「古い」「家でも焼ける」と酷評。それがあまりの物言いだったからだ。この番組の大炎上といえば、今年1月1日の特番で「ファミリーマート」の和風ツナマヨを酷評したことでも物議を醸したのだが、

「パンケーキというのは、老若男女に愛される家庭料理です。万人ウケする、変わらない味であることが重要なパンケーキに一体、何を求めているのか」

 こう言って首をかしげるテレビ関係者は、続けて、

「審査員はミシュランの星つき一流料理人と銘打っていますが、ミシュラングルメガイドは、フランスが自国ワインを売るための広告コンテンツにすぎません。だからフランスワインを大量にお買い上げしてくれるお得意様の、フレンチシェフへの評価は大甘であることは、業界では周知の事実です。今回は『失礼ながら、家でも焼ける』と言い放った、東京・白金のフレンチレストラン『アルゴリズム』の深谷博輝シェフに批判が集まっていますが…」

 深谷氏の店は創業5年、1日8人しか客を取らず、その日に仕入れた食材でメニューを決めるという高級店だ。飲食店関係者が言う。

「独創的な料理に定評がありますが、裏を返せば、定番フレンチを食べ飽きた有閑人にウケる店とも言える。それに対してロイヤルホストは全国に200店舗以上、70年の大阪万博では米国ゾーンに出店した歴史があります。歴史の浅いオーナーシェフらが集まって、老舗外食チェーンの家族向けメニューを論評すること自体、畑違いなのでは」

 むしろ、そうしたプロフィールの料理人をキャスティングする番組側の問題だともいえるし、出演する料理人は、求められる「演出」に従って発言している側面もあろう。

 だがこれにより、番組危機が訪れる可能性について、前出のテレビ関係者が言う。

「1月1日の特番で『ファミリーマート』の『和風ツナマヨおにぎり』を取り上げた際は、『イタリアンの鬼才』なる審査員シェフが、試食を拒否する酷評をしたことで大炎上。これ以降、女性視聴者が離れていきました。特に顕著なのは20歳から34歳の世代で、視聴率は3%に落ちたといいます。今回、18歳未満は入店不可のシェフが、子供が好きなファミリーレストランのパンケーキにダメ出ししたというのは、番組にとって致命傷になるかもしれません。女性視聴者から愛想を尽かされているところに、消費が冷え込む中でもファミリーレストランに家族連れで来店できる、購買力のあるファミリー層の怒りを買ったとなれば…」

 一般大衆の動向や、いかに。

関連リンク

  • 11/28 17:58
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

4
  • こんなこと批判する方がおかしいよ。一流店は一流店目線での評価になるし、ファミリー店はファミリー店の持ち味がある。それは承知のうえで、敢えて一流店としての評価をしたワケでしょ。いまの時代、世評を恐れずに正直に評価したことを称えるべきだよ。それを、このシェフの批判や店をこきおろすような書き方はいかがなものだろうか?まあ、この記事の『テレビ関係者のコメント』ってのも作り話で、アサ芸のヤラセだろうけどね。

  • ステーキの焼き直しを一流料理人が指示した。ステーキの焼き直しの指示が無かったら、ステーキは厳しいジャッジを受けただろう。

  • 一流料理人もお客様目線でジャッジしている。

記事の無断転載を禁じます