高卒でも年収1200万円のエンジニア男性が”学歴”に思うこと

拡大画像を見る

学歴についてはさまざまな考え方がある。キャリコネニュースが実施する学歴に関するアンケートには多くの意見が寄せられているが、今回は「学歴は必要」と考える大学院卒から高収入の高卒など、読者の声を紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

「学歴がなければスタートにすら立てない」

東京都の30代男性(教育・保育/正社員/年収800万円)は、筑波大学大学院卒。学歴について「一種のスクリーニングとして機能するのは確か」と語る。

「学歴があるから有能とも、有能なら学歴があるとも言えないのは当然としても、“学歴なく有能だ”ということを示したければ、実務で示すしかない」

その言葉に答えるような回答が、神奈川県に住む40代男性から届いている。男性は高卒でITエンジニアの正社員として年収1200万円を稼いでいるという。それでも「求人の前提はほぼ大卒」として

「いくら良い人材でも、学歴がなければスタートにすら立てない可能性がある」

と学歴の必要性を実感しているようだ。自身の学歴に「不満はないがコンプレックスはある」とも打ち明けた。

同じく「スタートが大事」と考えるのは、大卒の大阪府・50代女性(流通・小売系/正社員/年収400万円)だ。自身の経験か人材を管理する立場からか、持論をこう断言していた。

「新卒でスタートラインでの年収などかなり変わる。任せられる仕事も違う。出世していけば変わるだろうけど、このご時世それが見込めないなら、スタート大事!」

関連リンク

  • 11/28 6:00
  • キャリコネ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます