手取り14.5万円のシングルマザー「物価高だからごはんは大体1品料理。子どもの習い事は1つが精一杯」

拡大画像を見る

埼玉県に住む30代後半のシングルマザー(その他/子ども1人)から、リアルな生活感を綴る投稿がキャリコネニュースに寄せられた。女性は月14万5000円の手取りをあれこれ工夫し、必死で子どもを育てている。

「物価高になってるので、ごはんは大体1品料理。子どもの習い事は1つが精一杯。出産前から持っていたもので売れそうなものはメルカリで出品して、ちょっとでも足しに」

あまり余裕のない暮らしを送っているようだが、女性は「仕事に不満はないです」と語る。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

「目標は、自分が施設に入ってお金がかかるようになる前に死ぬことです」

現在はパート勤務をしている女性。仕事に不満のない理由について、

「賞与が年2回あるので、それで車検代や親戚の子どもたちへのお年玉などが捻出できるので助かってます」

と説明した。たしかに賞与の出るパートは珍しく、恵まれているのかもしれないが、それでも年収は200万円ほど。決して給料は高くない。そのため女性は「貯金がしたくてもできない」と言い、

「将来の見通しはないです。目標は、自分が施設に入ってお金がかかるようになる前に死ぬことです」

と悲しいことを綴っていた。

しかし、子どもが自立すれば経済的にも精神的にも余裕が生まれるのではないか。子育て終了後の女性の人生が充実したものになることを願ってやまない。

関連リンク

  • 11/28 6:00
  • キャリコネ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます