ペニオク、不貞裁判…熊田曜子、対談動画で放った「私は堅実」に世間が総ツッコミ!

拡大画像を見る

 私生活におけるドタバタが続く中での「堅実」発言に対し、多くのツッコミが続出する事態に。

 タレント・熊田曜子と2ちゃんねる開設者・ひろゆき氏による対談動画が話題となっている。

 現在、3人の子供を育てつつ、夫とは離婚協議の真っ只中にある熊田。11月21日までに公開された、ひろゆき氏のYouTubeチャンネル「夜な夜な生配信!」では、視聴者から「3人のお子さんがいるのに、離婚は大変ではなかったですか?」と経済事情を心配する質問が寄せられたが、「そんなに変わってないというか。自分で頑張って稼いでいるので、お金に関しては一応、3人は育てられると思ってます」と話した。

 ひろゆき氏が「もし、(子供が)留学したいとか言い出したら大変じゃないですか?」と聞くと、熊田は「その時はですね、今一応、ヘッジファンド証券みたいなことを(している)」と説明。将来に向けて、計画的なお金の運用を意識しているといい、再びひろゆき氏から「大丈夫ですか? 最近、仮想通貨めっちゃ下がったりしてるんで」とも心配されていた。

 すると、熊田は「今のところは大丈夫です。子供が生まれたら、すぐにジュニアNISAとかをやってるんで」とし、「私が堅実というか、お金を使わないので。ブランドものにも興味がなくて」と語った。

 熊田を巡っては、10月31日配信の週刊女性PRIMEが、夫との裁判費用500万円により「金欠」状態になり、生活がひっ迫している可能性を指摘。また、週刊文春からは、SNS上でPRの記載がないステルスマーケティングの疑いがある投稿が、7月8日あたりから激増していると報じられていた。

「ペニーオークション騒動以来、10年ぶりとなるステマ疑惑に加え、やはり世間が注目を寄せるのは、熊田の不貞疑惑の真相でしょう。夫側はキー局プロデューサーとの関係を疑い、音声やDNA鑑定などの証拠も準備。実際、『デイリー新潮』は、熊田が電話で“プロデューサーとのやり取り”について笑いながら友人と会話する音声を公開しており、これが熊田のイメージを著しく低下させたといっても過言ではありません。そうしたドタバタが重なる中で、熊田が口にした『私が堅実』発言。これはあくまで普段のお金の使い方についての表現でしたが、ネットからは『3人の子供がいながら不貞する人が堅実とは思えない』『まさにツッコミどころ満載』『人生は堅実じゃないですね(笑)』とする指摘が並んでいます」(テレビ誌ライター)

 泥沼裁判を無事に終えられた後は、平穏なキャリアを歩むことを意識したほうがよさそうだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/28 10:15
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます