元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

拡大画像を見る

 当然のことだが、記者会見に集まる報道陣の数は、そこで扱われる「ネタ」の大きさや、登場人物の知名度により左右される。つまり、そのどちらもがない場合は、事前にいくらリリースを出しても、報道関係者が大挙して詰めかける、などいうことはない。

 09年9月26日に行われた、元Winkの「さっちん」こと鈴木早智子の主演映画「宿命」の製作発表記者会見は、まさにそんなセオリーを地で行く、しかし、一世を風靡した当時を知るものとしては、なんとも寂しいものだった。

 Winkは80年代後半にデビューし、「淋しい熱帯魚」などのヒットで知られる相田翔子と鈴木のデュオ。96年にグループとしての活動を休止後、相田は医師と結婚。一方、鈴木は舞台や写真集などを活動の主軸としてきたが、09年3月に睡眠薬の過剰摂取による救急搬入騒ぎを起こし、7月にはイベントをドタキャンするなどのトラブルが報じられていた。

 さらに9月、芸能人専門レーベルとして知られていた「MUTEKI」から「September Shock」と題する艶ビデオを発売。そこそこ話題性はある、と思われていたのだが、記者会見がセットされた会場は、渋谷のこじんまりとしたライブハウス「ギルティ」だった。

 しかも、集まった報道陣は私を含め、20人ほど。会見が始まる前には最新写真集「one track memories」のサイン会もあったのだが、告知が間に合わなかったのだろうか、会場に集まったファンはわずか10人程度で…。

 そんな中、楽器やアンプなどが雑然と置かれたステージに登場した彼女は、共演者の津田英佑とパイプ椅子にちょこんと座り、午後4時15分、会見がスタートした。

 今回の映画での彼女の役柄は、おとり捜査を行う「麻薬捜査官」。鈴木はすでにドラマ「特命係長只野仁」(テレビ朝日系)でも2度のベッドシーンを披露しており、この日もステージ上に貼られた主演映画のポスターは、透けたワンピース姿。当然、報道陣からは「映画の中でもカラミのシーンがあるのですか」との質問が飛ぶ。

 ところが彼女は「それはお楽しみ。あるかもしれないし、ないかもしれない…ウフフ」と、あいまいな受け答えに終始。シラけムードのまま、以降はほとんど質問らしい質問も出ず、司会者の「ほかに何かありませんか」という声もむなしく、会見は30分ほどで終了した。

 主演映画のPRにしては、なんとも歯切れの悪い製作発表会見となってしまったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

関連リンク

  • 11/28 9:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます