麒麟・川島「日曜劇場出られる」​​、近藤春菜「心が浄化」…絶賛される「ふわふわ芸人」の魔力

拡大画像を見る

 11月25日に放送されたテレビ東京系の深夜バラエティ『占いなんて信じない』にお笑い芸人のハリセンボン・近藤春菜(39)が出演。その際に「心が浄化される芸人」として、意外な名前を挙げて話題になっている。

「この番組は、極楽とんぼの加藤浩次さん(53)がMCを務め、毎回ゲストのお悩みに人気占い師が答えていく番組で、今回は加藤さんが長年、日テレ『スッキリ』でMCとして共演していたハリセンボンの近藤さんがゲストで出演。

 お馴染みの加藤さんとの共演で、いつも以上に近藤さんはリラックスした状態で、赤裸々に結婚の相談する場面もありました。

 占いによると婚期に入っていると言い、友達から交際0日で結婚する可能性がある、という鑑定が出ていたんですが、春菜さんは思い当たる人物として同い年で先輩芸人であるもう中学生さん(39)を挙げ、もう中さんへの印象を“すごい良い方なんで会うと浄化されるというか、汚れが取れる感覚があって。だから毎日一緒にいても、すごい穏やかでいられるんじゃないかな”と、大絶賛する場面がありました」(芸能誌記者)

 そんなもう中と近藤との相性は、生年月日での占いでは、なんと89%とまさかの相性ピッタリな鑑定結果。これに近藤はハイテンションになっていたものの、直後のタロット占いでは死神のカードが出る結果となり、あえなく撃沈することになってしまった。

「死神のカードからは“近藤さんから首輪を付けられたくない”というメッセージがあるとのことで、さすが自由人のもう中さんだけあって、束縛されることが嫌なんでしょうね……」(前同)

■もう中学生が再評価される理由

 ここ数年、一気に再ブレイクを果たした感のあるもう中だが、そのきっかけとなった芸人がいる。

「もう中さんは、2009年頃からフジテレビで放送されていたショートネタ番組『爆笑レッドカーペット』に出演し、一躍人気芸人の仲間入りを果たすも、その後はテレビへの露出が減っていました。

 しかし、2020年7月15日に放送されたTBSの『水曜日のダウンタウン』での“芸人が今までで一番面白かった瞬間は誰が見ても面白い説”で、麒麟の川島明さん(43)がコロナ禍で行われた配信ライブで、観客とのコールアンドレスポンスが必要なネタを無観客にもかかわらずやり切った様子が紹介されて、大きな話題に。

 その後、有吉弘行さん(48)の冠ラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』に、滅多にないゲストとして有吉直々にご指名され登場したりと、先輩芸人からの再評価からじわじわ再ブレイクし始めました」(前同)

 特に川島は、もう中学生のキャラクターを評価。つい先日の11月21日に自身の冠番組TBS『ラヴィット!』にもう中学生が出演した際にも大絶賛したことが、話題になっている。

「この日は、もう中さんがトータルテンボスらと一緒に、苦手なジェットコースターに乗るロケの模様が放送されました。

 その際、ジェットコースターに乗り終わったあと、絶叫マシン好きとして一緒にロケに参加していたハロープロジェクトの人気アイドルグループ・アンジュルムの竹内朱莉さん(25)が“超楽しかったです!信じられない楽しい!最高すぎます、これ。もう一周行きたかった!”と笑顔でコメント。

 これを聞いたもう中学生さんからは“朱莉ちゃん、冗談でもそんなこと言うもんじゃない。冗談でもそんなこと言うともう一周する可能性もあるから、そういうこと簡単に言うもんじゃない”とガチ説教。

 その時のもう中学生さんの真剣すぎる眼差しと、小声加減に、スタジオは大爆笑となっていました」(前同)

 放送後に川島は、このもう中学生について〈表情、間、声量、全てが日曜劇場でした〉と、画像とともに投稿。あまりにもガチな視線はたしかに、『半沢直樹』などの重厚なドラマが放送される枠であるTBS伝統の『日曜劇場』にふさわしいものだった。

 普段の明るいキテレツな発言から一変した、この迫真の表情にネットでは《もう中さん全部最高です》《朝からこんな声出して笑ったの初めてで、うっすら涙が出るほど笑ってました!》《最高過ぎてテレビの前で釘付けでした》といった絶賛のコメントが続出。

 ネタ以外にも、その人間性も評価され始めたもう中学生。ハリセンボン・近藤との結婚話はなくなったかもしれないが、今後おめでたいニュースを目にすることはできるのかーー?

関連リンク

  • 11/28 7:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます