目黒蓮“令和のキムタク”でも『それスノ』1日ロケで2本撮りの過酷!『silent』『舞い上がれ!』に映画も連発「ヤバすぎ過労」

拡大画像を見る

 11月20日に放送された、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』の宮城県松島ロケが、スタッフが「時間もったいない」と急かすほど、過酷なスケジュールで行われていたようだ。

 今回の放送は、“それSnow Manに満喫させて下さい!松島多数決ツアー”と題し、日本三景の一つである宮城県の松島を満喫できるスポットを、メンバーが各テーマごとに2択から選び、選んだ人数が多い“多数派”だけが体験できるという内容。

 番組冒頭、スタッフは「本当は単純に満喫していただきたいんですけど、時間とお金がない」と、ロケの裏事情を告白。さらに、最初の“絶景スポット”の多数派を決めるとき、メンバーがルールが変だとに抗議しても、スタッフが「時間がもったいない」とスルーする事態が起きた。

 そして、海に突き出た姿が馬の背のように見える、天然の桟橋「馬の背」を訪れると、異世界のような絶景にメンバーは興奮。目黒蓮(25)は海に向かって「スゲー!」と絶叫すると、「ノドいっちゃったかも」とポツリ。向井康二(28)が「おい、大事なノドやぞ」と気づかった。

 続いて、“絶品グルメ”で選択した、「高級海鮮焼き食べ放題」を楽しむことに。目黒はズラリとならぶ海の幸に「待って、マジかよ」と大喜び。メンバーが食リポするなか、目黒は焼き赤エビをおいしさでつい無言に。スタッフに「何も言わないでエビ食ってる」とツッコまれた。

■目黒蓮はかなりお疲れ?

 最後は松島の観光物産館で、お土産の売り上げトップ5を当てるクイズに挑戦。メンバーが売り場を歩き回って相談していると、目黒だけが「ずんだフィナンシェ」の箱を持って動かない。実は、店長さんに眼力で圧をかけて正解を引き出そうをしていて、メンバーの爆笑を誘っていた。

 視聴者のツイッター上の反響は、「テーブルの海鮮を1回凝視してから、“アーハッハイェーイ”と声に出して喜ぶ目黒くん、小学生みたいでかわいい」「マネキンみたいに商品持ってんな〜って思ってたら、まさかの目で圧かけてた目黒蓮好きすぎる」などを大ウケだった。

 先週の仙台市に続いての宮城ロケで、2本撮りで時間がなかったのか、スタッフに急かされるシーンが多かった。メンバーはハイテンションでロケにのぞみつつも、どこか疲れていた様子も。特に、食事で無言になってしまうなど、目黒が疲れているように見えた。

「目黒はドラマ『silent』(フジテレビ系)に加え、NHK朝ドラ『舞いあがれ!』にも出演中。さらに12月公開の『月の満ち欠け』に続き、来年3月には『わたしの幸せな結婚』と、映画出演も立て続け。『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)などのレギュラーもあり、今、最も働いているジャニーズタレントです。過労状態が心配ですね」(芸能関係者)

 グループ自体も波に乗っていて、『第73回NHK紅白歌合戦』への2年連続2度目の出場も決定。バラエティやドラマなど、メンバーのソロ活動も増えてきて、全員が出演する『それスノ』のスケジュール調整は難しそうだ。“令和のキムタク”と言われ期待されている目黒だが、無理はしないでほしい。

関連リンク

  • 11/27 10:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます