中森明菜、紅白「絶望的」どころか「オファー一切ナシ」回答の“怪”!!「再々休止懸念」も浮上の深刻理由!

拡大画像を見る

 11月16日、大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが発表されたが、出場が濃厚視されていた中森明菜(57)の名前はそこにはなかった。

<今年2022年は、デビューさせていただいてから40年になります。デビュー40周年として、何らかの活動をと日々体調と向き合ってきておりましたが、まだ万全な体調とは言えません。

 ゆっくりになってしまうと思いますが、歩き出していきたいと思いますので、どうか見守っていただけると嬉しいです。>

 8月30日、明菜が突如としてツイッターアカウントと公式サイトを開設して上記のメッセージを発表。多くのファンや芸能関係者をザワつかせた。

※画像は中森明菜の公式ツイッター『@akinan_official』より

 明菜は2010年に帯状疱疹で芸能活動を休止。2014年の『NHK紅白歌合戦』にサプライズ出演して活動を再開するも、2017年に35周年のディナーショーを最後に、表舞台に現れていない。

 しかし、このタイミングでツイッターとホームページを開設したことで、7年前に復帰の場に選んだ『紅白』で活動を本格的に再開させるのではないか、とささやかれた。ところが、出場アーティストに明菜の名前はなかった。

■「オファーをいただいたことは一度もございません」

 明菜の新事務所「HZ VILLAGE」の全貌は謎に包まれており、明らかになっているのは新事務所で監査役を務めるのが弁護士のK氏であることのみ。

 11月24日配信の『smartFLASH』が、K氏に明菜の活動再開予定について問い合わせたところ「中森関係の取材についてですが、HZ VILLAGEに取材対応窓口ができました」と返答があったという。

 そして、その新事務所の取材対応窓口は「現在は、中森明菜本人の体調回復を優先させていただいており、活動予定は今のところございません。ファンクラブの移行に関しましては、予定通り12月中にオフィシャルサイトにてご案内させていただく予定です」と説明。

『紅白』への出演予定もなく、「メディア出演に関するオファーに関して、HZ VILLAGE所属の中森明菜として、オファーをいただいたことは一度もございません」と強調したという。

■NHKが動いていないわけがない

 ワイドショー関係者が話す。

「“オファーをいただいたことは一度もございません”という回答に、多くの関係者が“これはさすがにないのでは”となっています。多くのメディアが明菜さんの『紅白』出場が濃厚だと報じていましたからね」

 スポーツ紙や週刊誌などでは、体調面はまだまだ厳しいものの、明菜に近いNHK関係者が『紅白』出場に向けて説得や調整を進めていると報じていた。

「今年は明菜さんのデビュー40周年ですからね。さすがにNHKがオファーも出さず、動いていないわけがない。にもかかわらず、この回答はちょっと驚きですよね。そしてやはり、8月末にツイッターと公式サイトを開設したのも『紅白』を念頭に置いていたとしか考えられません。

 本当に体調が悪ければ、この時期に新しい動きもないはずです。何かしらの紆余曲折があって『紅白』には“出ない”という結論にいたったのかもしれません。まだ出場の可能性はゼロではありませんが……。

 明菜さんを巡っては1つ懸念事項がありますからね。それが、前事務所やかつてのマネージャーとの関係ですよね」(前同)

■前事務所からの権利関係の引継ぎもまだ……

 5年間の沈黙を8月末に破った裏には、20年以上にわたって明菜を支えてきた事務所の代表兼マネージャーで恋人のA氏との別れがあったのではないか――と複数のメディアが報じていた。

 11月24日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、明菜サイドがA氏の妨害に遭ってかなりのゴタゴタに見舞われていると報じている。ファンクラブの運営権などの権利関係の引継ぎも、まだ進んではいないようだ。

「NHKは特にトラブルを嫌がりますからね。強引に事を進めて明菜さんに『紅白』に出場してもらい、後になってからA氏が何か言ってきたら、それこそ深刻なトラブルに発展しかねません。

 前事務所との関係で明菜さんが5年もの間、“塩漬け”にされたという見方もありますからね。もちろんNHKサイドは明菜さんの体調面も考慮したのでしょうが……」(同)

■「明菜という才能」が塩漬けになってしまう懸念

 11月24日配信の『NEWSポストセブン』では、明菜自身は活動再開に前向きな姿勢を見せているものの、まだ体力が追いついておらず、「ペットボトルの蓋も自分で開けることができない」と報じている。

「ペットボトルの蓋も開けられないというのは、かなり深刻な感じですよね……。ただ、だからと言って、オファーが一度もないという回答はやはり信じられません。体調面に不安が残ると言っても、VTR出演だったら撮り直しや編集でごまかすこともできるはずです。

 まぁ、新事務所の問い合わせ窓口ができたばかりですから、“新たな窓口にはオファーはまだありません”という意味合いで言ったのかもしれませんが……。ただ、半ば信じられないような対応があるようであれば、前事務所と同じで、また長期間活動しないんだな――というふうにも思えてくる、となっていますね。

 それこそ、前と同じように明菜という才能が“塩漬け”になってしまう懸念が……。ツイッターと公式サイトができたときには、多くのファン、芸能関係者が明菜さんの復活に期待を寄せていましたが、『紅白』に名前がないこと、聞こえてくるトラブルと体調のこと、事務所の対応もあって不信感と心配する声も上がってしまっているような状況なんです」(前出のワイドショー関係者)

 40周年の今年も、歌姫・明菜を『紅白』で見ることはやはりできないのだろうか――。

関連リンク

  • 11/27 7:15
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます