ゲーム『ベヨネッタ』開発者・神谷氏が8年経ってミスに気がつく → 奇跡が起こる

拡大画像を見る

人気ゲーム『ベヨネッタ』シリーズの生みの親であり、ゲーム業界の有名人としても知られているカリスマ的人物・神谷英樹さん。『デビルメイクライ』や『大神』の開発者としても知られており、国内外に多くのファンがいる。

8年が経過してミスに気がつく

そんな神谷英樹さんが自身の公式Twitterにて衝撃的な事実を激白し、注目を集めている。『ベヨネッタ2』にて表示された英文と日本語字幕があり、日本語は正しいものの、英文は正しくないものが表示されていたという。

『ベヨネッタ』シリーズのプレイヤーは必見

そのミスに8年が経過したあと気がついたそうだ。以下は、神谷英樹さんのTwitterでのコメントである。『ベヨネッタ』シリーズのプレイヤーは必見だ。

<神谷英樹さんのTwitterコメント>

「まずはこの二つの画像を見てください…それぞれベヨ1、ベヨ2のオープニングなんですけど、どこかおかしいところがあるのに気付きましたか…? そうなんです…日本語ネイティブの方は字幕を読むので気付きにくいかも知れませんが、実はこれ、本来は1と2それぞれ違う文言(日本語)なのに、英訳がきちんと反映されておらず、1と2で同じ英文が表示されてしまっているんです」

奇跡的に修正可能な機会が巡ってきた

そんなミスが発覚したその後、開発者の中尾氏が文字を修正。どうやら「奇跡的に修正可能な機会が巡ってきた」らしく、無事に直せたらしい。

神谷英樹氏「俺は一人驚きと歓喜の声をあげましたよ」

あまりにも嬉しい出来事に、神谷英樹氏は「俺は一人驚きと歓喜の声をあげましたよ」「無事ベヨネッタ 1、2、3で整合性が取れ、ほっと胸を撫で下ろしました」と喜んだという。

アップデートしよう

文字の修正は、ゲームをオンラインアップデートすることで反映されるようだ。物語として整合性が取れ、より完成度が高まった『ベヨネッタ』シリーズ。高く評価されている作品なので、まだ未プレイの人は今からでも体験してみるのはありかもしれない。

※冒頭画像は神谷英樹さんの公式Twitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連リンク

  • 11/26 21:00
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます