富裕層上位1%が占める富の割合のインフォグラフィック

拡大画像を見る

各種データ・統計を提供するドイツのStatistaが、富裕層上位1%が占める富の割合の国別データ(2000年と2021年)をインフォグラフィックにして公開しています。元データはクレディ・スイスの「Global Wealth Report 2022」です。


https://twitter.com/StatistaCharts/status/1595009202686148609

富裕層上位1%が占める富の割合が一番大きかった(=富の不平等)のは、ロシアでした。2021年にはロシアの富裕層上位1%が国全体の富の60%近くを占有していることになります。

2000年から2021年の21年間で富の不平等が急拡大したのは中国。

一方、富の不平等が縮小したのはカナダ、フランス、日本。日本は2021年に富裕層上位1%が占める富の割合が18.7%と、20%以下となっています。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/StatistaCharts/status/1595009202686148609

※ソース:
https://www.statista.com/chart/28788/share-of-wealth-held-by-the-wealthiest-1-percent-of-the-population-by-country/

(執筆者: 6PAC)

関連リンク

  • 11/24 21:00
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます