「叱らないで!」いたずらをした子犬と飼い主の間に入る優しい兄犬(米)

拡大画像を見る

アメリカに住むサミュエル・マリエータさん(Samuel Murrieta)はイングリッシュ・コッカー・スパニエルのオス犬“レヴィ(Levi)”とメス犬“オリーブ(Olive)”を飼っている。

サミュエルさんは今年4月、当時3歳だったイングリッシュ・コッカー・スパニエルの“オジー(Ozzy)”をトリミングサロンでの事故で亡くしたばかりで、オジーと血のつながったオリーブを今夏、レヴィの妹犬として迎え入れていた。

そんなサミュエルさんが9月30日、TikTokに2匹の犬とのやり取りを捉えた動画を投稿したところ、これまでの再生回数が1200万回を超える大反響となった。

動画は当時生後6か月だったレヴィと生後5週間だったオリーブの姿を捉えたもので、カメラはズタズタになって床に放置されたオムツを映し出す。

サミュエルさんはその無残なオムツに反応し「こんないたずらしたのは誰? ハア? 君かい?」と言ってレヴィを責め、続いて強い口調で「それとも君かい? 君がやったんだろう? ハア? 全く悪い奴だ」と言ってオリーブを指差している。

するとここで突然、レヴィがサミュエルさんの伸ばした手を左前足で押さえつけ「グルルルル」と小さな唸り声をあげるとサミュエルさんの目の前に腰を下ろした。

レヴィはまるで「そのくらいにしてあげてよ。僕の妹をいじめないで!」と目で訴えながら子犬を守っているようで、動画はここで終わっている。

サミュエルさんはこの動画に「レヴィはオリーブが大好きなのは間違いないと思う」と言葉を添えており、動画の反響を受け、レヴィのお兄さんぶりについて改めてこのように語った。

「2匹は大の仲良しで、レヴィは小さなオリーブにとても優しく接してくれるんだ。レヴィはオリーブがまだ赤ちゃんだってことをちゃんと分かっていてね。あの動画はレヴィがオリーブを守ってくれているということを示す一例に過ぎないよ。」

そしてこの動画には次のようなコメントが寄せられた。

「なんてキュートなの!」
「レヴィは飼い主に『まだ赤ちゃんなんだからそんなに叱らないで!』って言っているのよ。あの手の払い方を見たでしょう! 飼い主を優しく叱っているようだわ。」
「『お兄ちゃんが守ってやる!』って、そんな顔をしているわ。」
「レヴィはきっと、もう1匹の犬を亡くして寂しかったに違いないわ。だから赤ちゃん犬がやって来て嬉しくて仕方がないのよ。」
「生後6か月って、レヴィだってまだまだ赤ちゃんなのに…。誇りに思うわ。」
「こんなお兄ちゃんがいたら心強いね。」
「あの上目遣い! 実は犯人はレヴィなのではないかな?」

ちなみにサミュエルさんはコメント欄の「もっと2匹の動画を見たい!」というリクエストにしっかり応えており、優しいレヴィと兄犬に甘えながら楽しそうに遊ぶオリーブの動画を心待ちにしているファンも多いようだ。

画像は『Levi & Olive 2022年9月30日付TikTok「I think it’s safe to say he loves her」、2022年10月11日付TikTok「Replying to @goosebaygirl Levi & Olive」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/24 21:00
  • Techinsight japan

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    11/26 18:36

    すぐに叱るではなく何故怒られたかわかるようにして諭して怒り聞かなかったり噛んだりしたら叱るようにするのがセオリー、そして飼い主が上だとおしえないとね。猫とは仕付けは違うからね。

  • あきひろ

    11/26 17:53

    犬は悪いことをしたらすぐに叱らないと駄目ですねとくに小犬のうちにちゃんと躾けないと結局後々捨てることになったり人様を噛んで損害賠償や殺処分なんてことになったら結局犬も飼い主も不幸にしかならない。

  • トリトン

    11/26 14:07

    犬は群れをなして生活してるから身内や家族のいざこざや喧嘩を嫌がる習性があるから止めに入るのだよね、だから子犬の時から家族で喧嘩ばかりしてると噛み付いたりするから注意したほうが良いのですよね。

記事の無断転載を禁じます