漫画家の確認ナシで単行本発売 → 作者ご立腹 → 初版修正不可能 → 編集部謝罪

拡大画像を見る

人気漫画『天国大魔境』や『木曜日のフルット』などの作者として知られる漫画家の石黒正数先生。最近は『天国大魔境』のアニメーション化が決定し、今後も石黒正数先生の注目度が高まっていくと思われる。

『天国大魔境』8巻の単行本に関してご立腹

そんな石黒正数先生が、2022年11月22日に発行された『天国大魔境』8巻の単行本に関して、かなりご立腹のようだ。石黒正数先生の確認作業を飛ばし、本が刷り上がったのだという。以下は石黒正数先生のTwitterコメントである。

<石黒正数先生のTwitterコメント>

「もうすぐ発売の天国大魔境8巻ですが、僕の確認工程をすっ飛ばして本が刷り上がってしまったため、現時点で確認したかぎり最低でも丸1ページが未完成の状態、セリフ等の最終調整もしていない状態で出てしまいます。読む分にはどこが該当箇所だか分からないと思いますが、本人は大変ご立腹であります」

「2版を待った方が良いですか?とのご質問ですが、初版が無くならない事には2版は出ないので、2版が出るとしても結構先か、下手をすると永久に出ない事も。待たない方がありがたいです」

2刷より差し替えた原稿になる

漫画が掲載されている月刊アフタヌーンの公式サイトにはお詫びの文が掲載されており、それによると2刷より差し替えた原稿になるという。つまり初版は差し替え前の原稿のままとなり、返品交換もしないとのこと。

<アフタヌーンのお詫び文>(一部引用)

「『天国大魔境』8巻(2022年11月22日発行)について、編集部のミスで単行本の一部ページについて著者の石黒正数さんに修正の有無の確認を取ることなく刊行してしまいました。当該のページは『天国大魔境』8巻の8ページと113ページです。単行本8巻の初版では、当該ページは雑誌掲載時の状態で掲載されております。本来単行本に収録される予定だった各ページは、文末のリンクアドレスにて公開いたします。今後の対応としましては、単行本の第2刷より当該のページを差し替えさせていただきます。なお、申し訳ありませんが単行本8巻の初版と第2刷以降との返品交換対応はいたしかねます」

アニメ作品も待たれる『天国大魔境』

これからアニメ作品も期待されている『天国大魔境』。今回の出来事は石黒正数先生にとって腹立たしい出来事になったかもしれないが、読者としては今後の活躍に期待しかない。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連リンク

  • 11/24 17:20
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • この記事の意味が、シロートのワタシにはわからないところがあります。単行本って、連載時のままの内容で発刊されるのではないのですか?単行本になるときにセリフやストーリーが変わっちゃうの?そっちの方が信じられないと思った記事でした(汗)

  • トリトン

    11/26 10:04

    いがらしゆみこのキャンディキャンディも彼女の許可も得ずにプリクラで金儲けして裁判沙汰にそして今では彼女が再販しないと決めて絶版になりましたね。本当に松本零士のやまとに対する西崎とかヤマトの利益を松本零士に渡さなかったり義理と人情(違うかな)かく奴らもいますからね。西崎は海にクルージングで海に落ちて亡くなりバチが当たったと思いましたね。彼は海のトリトンの手塚さんの原作を無視して金払いをケチったとか。

  • 猛反発枕

    11/26 9:20

    8巻初版本は、そんな曰く付きと言うことでまたプレミアが付くのかな。

記事の無断転載を禁じます