猫が犯した罪 そのかわいさに20万を超える『いいね』

拡大画像を見る

カナダのブリティッシュ コロンビア州に属するバンクーバーで、お店を構える『Tessaramics』。

陶芸作品の販売をしており、各SNSには商品の情報や、作成過程の動画などを掲載しています。

『Tessaramics』がTikTokに投稿した1本の動画が、120万回以上再生され、大きな反響を呼びました。

投稿には「チャーリーの犯罪」という一文が。その一部始終を、ぜひご覧ください!

@tessaramics

Charlie crimes, all mugs were fine and some now have a pawprint in the bottom 😸

♬ original sound - Tessaramics

テーブルにたくさん並べられた、焼く前のマグカップ。そこには猫である、チャーリーくんの姿が…。

チャーリーくんは、前足と後ろ足を置く位置を考えながら、慎重に進んでいるように見えます。

作品を壊さないように気を遣っているのかと思いきや、チャーリーくんの足はマグカップの縁に!

さらにマグカップの中にも足を入れ、ゆっくり前進していたところを飼い主さんに持ち上げられ、この事件に終止符が打たれました。

全滅ではなかったものの、いくつかのマグカップの底にはチャーリーくんの肉球の跡が付いてしまったそうです。

この投稿には20万件以上もの『いいね』が寄せられ、「猫の足跡がついているものが欲しい!」といった内容のコメントが殺到!

ほかにも、「猫のサイン入りを注文したい」「どうしたら足跡付きマグカップを買えますか!?」とのコメントが多く集まりました。

形のきれいなものより、猫の足跡付きの商品が欲しい!

そんな、猫好きな消費者のニーズが垣間見えますね。

出典 Tessaramics

関連リンク

  • 11/17 11:24
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • 確かに!サイン(足跡)入りのが是非欲しいなあ♪

  • あきひろ

    11/21 12:25

    猫はマグカップにも高付加価値で人に幸せをもたらすんですね。

  • ***

    11/21 11:45

    結果、使用可能なら罪ではないな

記事の無断転載を禁じます