タッキー&キンプリ「崩壊」でバレた「絶対売れるジャニーズ」!ジュリー社長“ゴリ押し”の3人「N・M・M」!!

拡大画像を見る

 ジャニーズ帝国がいま揺れに揺れている――。

 27年にわたってアイドルとして、そして経営陣としてジャニーズ事務所を支えてきた滝沢秀明氏(40)が10月31日付で副社長を退任し、同社を退所。グループ会社「ジャニーズアイランド」の社長も9月26日付で退任し、後任を元V6の井ノ原快彦(46)が務めている。

 さらに11月4日、King&Prince(キンプリ)の平野紫耀(25)、岸優太(27)、神宮寺勇太(25)がグループから脱退することも発表され、ファンに衝撃が走った。

 2023年5月22日をもって3人はグループから脱退し、平野と神宮寺は同日に、主演映画の公開とPR活動を残す岸は、同年秋にジャニーズ事務所を退所する。残される格好となった永瀬廉(23)と高橋海人(23)は同社に留まり、キンプリとして2人で活動を継続するという。

 平野は退所の理由を「(海外での活動ができず)目標を失い、今回の決断に至りました」と説明。

 一方の滝沢氏は退所の理由を明らかにしていないものの、円満退所で藤島ジュリー景子社長やジャニーズ事務所サイドとの確執はなかった、と11月1日付の日刊スポーツが伝えた。ところが事務所と滝沢氏の双方が代理人を立てて条件面などを話し合っているとも報じられている。

「ジャニーズ事務所の上層部も、滝沢さんの退所の理由は“まったく分からない”と明かしているそうですから、その時点で円満退所ではないことは明白です。

 11月7日に滝沢さんのものと見られるツイッターアカウントが開設され、翌8日に上下さかさまの文書をアップしましたが、これも芸能関係者の間では“ジャニーズへの反旗”の意味があるのではともささやかれているぐらいです」(芸能プロ関係者)

■『週刊文春』が報じたタッキーVSジュリー氏の「冷戦」

 滝沢氏が退所を決意したのは、大人気グループへと成長させたスノスト(Snow ManとSixTONES)の管轄が今年に入ってジュリー氏に移ったからだという指摘もある。

 11月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、滝沢氏とジュリー氏の“確執”について報じている。

 滝沢氏にはジャニー喜多川氏(享年87)の後継者という自負があり、ジュリー氏にビジネス展開を提案していたものの、ことごとくはねのけられていたという。

 滝沢氏は「ジュリーさんとは合わない」と漏らし、喧々諤々のあとに「政治だよ、政治」と吐き捨てたこともあったとしている。

「ただ、今回の『週刊文春』の記事に対しては、ジャニーズサイドは怒り心頭で、“事実と全く異なる虚偽の内容を多々含む記事であり、法的措置を検討しております”とコメントしていますね。

 今後、ジャニーズと裁判沙汰に発展していくのかもしれない『週刊文春』ですが、滝沢さんが芸能界から引退する前にもジュリー氏との確執を報じ、『週刊新潮』(新潮社)で滝沢さん自ら文春記事に反論したことがありました。しかし、経営陣に入り、よりジュリー氏と接することも増えたことで、それまで以上に2人の溝は広まっていったのかもしれませんね……。キンプリを抜ける3人のメンバーもジュリー氏とは相容れなかったところもあるようですね」(前出の芸能プロ関係者)

■ジュリー氏ベタ惚れのなにわ男子は“ゴリ押しデビュー”

 ジャニー氏が滝沢氏とともに、ジャニーズの未来を託していたのがキンプリだった。特に平野はジャニー氏が「ソロでデビューさせてもいい」と考えるほどの存在だった。ジャニー氏に寵愛を受けたのが平野である一方、ジュリー氏のお気に入りだったのが永瀬だ。

「ジュリー氏は関ジャニ∞の育成やプロデュースを担当した関係で、関西ジャニーズJr.にも強い影響力を持っています。昨年11月にはなにわ男子がデビューしましたが、事務所総出のプロモーションでデビューを盛り立てたことからもその寵愛ぶりがうかがえます。ジュリー氏の高校生になる愛娘もなにわ男子、特に道枝駿佑さん(20)がお気に入りのようですね。

 そして、事務所に留まる永瀬さんも関西ジャニーズ出身で、ジュリー氏とは食事に行くほどの仲だといいます」(前出の芸能プロ関係者)

『週刊文春』によると、ジャニー氏の悲願だった海外進出を実現しようと奔走していたのが平野、岸、神宮寺で、世界での活動について取り合ってくれないジュリー氏に不満を持っていたという。残る永瀬と高橋は、映画やドラマを優先したいと考えているとされる。

「『文春』には、ジュリー氏が平野さんからの面談を拒否していた、という話もありました。つまり、滝沢さんが去った今、ジュリー氏の方針に従うかどうか、彼女のお気に入りかそうじゃないかでそのタレント、グループが売れるか売れないかが決まるような状態になったということですよね。それはジュリー氏が会社の社長だから当然のこと、と言われたらそれまでのことでしょうが……。

 永瀬さんもドラマや映画で推しに推されています」(前同)

■事務所残留の永瀬廉は“キムタク路線”に!?

 永瀬は7月クールに『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(読売テレビ制作、日本テレビ系)で主演を務めたほか、2021年前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』にメインキャストとして出演した。

「ジャニーズとNHKは、いま非常にいい関係にありますからね。嵐の松本潤さん(39)がNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることからもそれがうかがえますが、永瀬さんを朝ドラのメインキャストにねじ込むことも訳はないはずです」(同)

 永瀬は2023年1月クールのTBS「火曜ドラマ」枠で放送される広瀬すず(24)主演の恋愛ドラマでも相手役を務めるという。また、杉咲花(25)や北村匠海(25)などの人気若手俳優が出演する映画でも主演を張るとされる。

「2人になるキンプリで音楽活動を続けるのは、現実的にはなかなか厳しいものがある。3人の脱退後は元SMAPの木村拓哉さん(49)のように脱アイドル、俳優路線にシフトさせるというのがジュリー氏の計画なのではないでしょうか。

 そんなジュリー氏が、永瀬さんとともに推しているのがSnow Manの目黒蓮さん(25)ですね」(同)

■Snow Man・目黒蓮も“ジュリー派”に転向?

 目黒が出演するドラマ『silent』(フジテレビ系)は社会現象になるほど話題を呼んでいる。また目黒は、12月2日公開予定の映画『月の満ち欠け』にも出演し、主演映画『わたしの幸せな結婚』の公開も2023年3月に控えているなど、グループ活動と並行して個人の俳優業も絶好調だ。

 しかし、Snow Manといえば、滝沢氏肝いりのグループでバリバリの“タッキー派”。ファンからも皮肉を込めて「タキニ」と呼ばれているような存在だが――。

「滝沢さんがスターへと成長させたグループですが、今年に入ってからスノストの管轄はジュリー氏に移行していますからね。目黒さんは朝ドラ『舞いあがれ!』に間もなく登場。この点からもジュリー氏とNHKサイドのパイプの太さを感じられます。

 ちなみに滝沢さんはラウールさん(19)推しでしたが、ジュリー氏は正統派イケメンの目黒さん推しのようです。そしてグループでは、なにわ男子にベタ惚れで、娘も道枝さん推し。道枝さんは4月クールの『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で5代目金田一一(きんだいち・はじめ)を演じました。

 これまでハジメちゃんを演じたのは、KinKi Kidsの堂本剛さん(43)、嵐の松本さん、KAT-TUNの亀梨和也さん(36)、Hey!Say!JUMPの山田涼介さん(29)、そして道枝さんと、剛さん以外は見事にジュリー氏の寵愛を受けているゴリゴリのジュリー派の面々なんです」(前出の芸能プロ関係者)

 道枝の5代目金田一一は視聴者からの評判も上々で、ドラマのコア視聴率も堅調だった。

■喜多川ファミリーに気に入られなければ売れない

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「道枝さんの活躍もあり、なにわ男子のグループ人気もますます高まっていくはずです。ただ、滝沢さんの電撃退所やキンプリ騒動であらためて明らかになったのは、永瀬さん、目黒さん、道枝さんのように、創業者一族の“喜多川ファミリー”に気に入られなければ、どれだけ結果を残そうとも会社から推されることはなく、メインストリームからも外れて、それに不満を示すと、最終的にはジャニーズ事務所を出て行かざるをえなくなるということ。

 ラウールさんも今までのように推されなくなるでしょうし、Snow Manと同じ“タキニ”と呼ばれるIMPACTorsも危ないでしょう。何なら、SixTONESも今までのような活躍はできなくなるかもしれません。

 もちろん芸能プロダクションはどこだって“この人を売っていく”という方針を掲げます。タレント本人の人気と実力に加え、事務所のプッシュというのは芸能界では当たり前にある。ただ、ジャニーズのグループとタレントには、他とは違う熱狂的なファンがついていますからね」

 ファンにしてみれば、推されているタレントとそうではないタレントに“強い不公平感”や“えこひいき感”を抱いてしまうということだろう。

「タレント自身も不公平な扱いに不満を抱き、“このままでは自分たちは売れない”となって、腐っていき、いずれは退所などのトラブルにまで発展してしまう。実際、人気絶頂の平野さん、岸さん、神宮寺さんが辞めていくわけで、今後、社長のジュリー氏に推されないタレントたちの不満がたまりにたまり、いずれは暴発してしまう――ということも考えられそうですよね……」(前同)

 滝沢氏の電撃退所、そしてキンプリ3人の離脱の余波はまだまだ収まりそうにない。くわえて、『週刊文春』との全面戦争の様相……日本芸能界のど真ん中にいるジャニーズ事務所は今、大きく揺れている――。

関連リンク

  • 11/11 7:20
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

8
  • ホントに無くなりました!トリトンさんも、皆さんも、お試しください(^3^)/フル機能の有料版と機能限定の無料版がありますので気をつけてね。あと、ブラウザの種類ごとにダウンロードする必要があるみたいです。ワタシはGoogleクロームとMSブラウザの両方にインストールしました。

  • ↓マヂですか!?ありがとーございます(^人^)さっそくやってみます!広告自体、公序良俗に反するようなものばかりなんで不快だったんです。

  • 脱走兵

    12/4 21:32

    ↓『AdGuard』という広告カットのアプリを入れたら無くなりましたよ。

記事の無断転載を禁じます